【インタビュー】映画『ベルリン・アレクサンダープラッツ』ブルハン・クルバニ監督「難民や移民のコミュニティーに、顔や声を与えることで、彼らを無視できない存在にしたかった」

2021年5月17日 / 06:30

 不法移民としてアフリカからドイツに渡って来たフランシス(ウェルケット・ブンゲ)。彼は、真面目に生きることを心に誓うが、難民生活は過酷で、やがて麻薬の売人ラインホルト(アルブレヒト・シュッヘ)と接触を持つようになる。だが、フランシスは、ミーツェ(イェラ・ハーゼ)と出会ったことで、何とか自分の運命を変えようともがくが…。1929年に出版されたアルフレート・デーブリーンの小説『ベルリン・アレクサンダー広場』を、現代に置き換えて描いた『ベルリン・アレクサンダープラッツ』が、5月20日からオンライン上映される。配信を前に、ブルハン・クルバニ監督に話を聞いた。

ブルハン・クルバニ監督

-映画監督を志した理由は?

 実は、この映画と関係があります。この映画の原作が、高校の卒業論文の題材だったんです。それで、2年間相対したのですが、当時はこの小説が嫌いでした。両親が、アフガニスタンに戻って医師として活動してほしいと願っていたので、医療関係の道を目指していましたが、卒論がうまく書けなかったおかげで、その道には進めませんでした。それが、結果的に今回の映画化にもつながったわけです(笑)。

 映画学校に入ったときも、同じことを聞かれました。「他にもいろんなメディアがあるのになぜ映画なのか」と。でも、僕は「映画のすてきなところは、全てをコントロールすることができて、自分の世界を作り出せることだ」と答えました。ビジュアルもサウンドも衣装デザインも、自分たちで作り出せることが、映画作りの魅力なのだと思います。もし映画の道に進んでいなかったら、ビデオゲームの作り手になっていたかもしれません。

-原作は、1920年代に書かれた古典文学です。なぜ今この話を、舞台を現代に移し、黒人の難民を主人公にして描こうと考えたのでしょうか。それは、監督自身がアフガニスタン人難民の息子ということも強く影響しているのでしょうか。

 原作は文学としても傑作だと思いますし、クオリティーも高いので、いつの時代にも通用する物語だと思います。設定を現代に移したのは、それが自分の生きている時代だからです。主人公を難民にしたのは、自分の親が難民であり、彼らの体験を自分なりに理解していると感じたからです。もう一つの理由は、社会から無視されている難民や移民のコミュニティーに、顔や声を与えることで、彼らを無視できない存在にしたかったからです。この物語の力はとても強いので、ジャーナリストなども、彼らのことを無視ではなくなると考えて、こうした形にしました。

 また、この映画には、ギャング物やフィルムノワールの要素もありますが、僕は、アメリカの監督たちは移民や難民の問題を描くときに、このジャンルをとても上手に使っていると感じています。例えば、『ゴッドファーザー』(72)や『スカーフェイス』(83)のように。今回はそれと同じような試みをしてみました。

-では、映画化に当たって、原作とマッチしない部分はありましたか。

 原作は傑作ですが、同時にモンスターでもあります。本当にたくさんのテーマや問題が内包されていて、かつてライナー・ベルナー・ファスビンダーが15時間あまりの『ベルリン・アレクサンダー広場』(80)を作りましたが、全てを語り尽くすことはできませんでした。今回、自分が、表現できなくて残念だったと思うのは、原作の持つ、意識の流れを描いた美しい筆致です。それを映像化することはとてもできませんでした。

-オープニングのライティングやカメラワークがとても斬新でした。どういう意図であのシーンを撮ったのでしょうか。

 オープニングは、スクリプトエディターが「これはフランシスにとっては、自分の身に何が起こっているのかが分からず、重大なトラウマとなる瞬間」だと言ったので、あえて逆さまに撮ってみました。サウンドデザインも、なるべく観客が居心地の悪さを感じるような設計にしています。映画はチームで作っているので、いろいろな人のアイデアが入っています。この映画も、いいアイデアは僕以外の人から出ています。

 終盤でラインホルトとミーツェが森の中に入っていくときの音の設計も、同じような感じにしました。ラインホルトがいる世界は一種の地獄なので、その音を作るために、サウンドデザイナーは、最初に録った音を全部捨てて、駅の雑踏の音などを使ってサウンドコラージュを作りました。それはなぜかというと、これがドイツの地獄であれば、列車に押し込まれたり、押し出される人は、ホロコーストを連想させるからです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

【特集】「鎌倉殿の13人」義経、散る! 菅田将暉「三谷幸喜さんはすごい」石橋静河「こんなこと、ふつうは経験できない」歴史に名を残すカップルを演じた2人が明かす舞台裏

ドラマ2022年5月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日に放送された第20回「帰ってきた義経」では、平家を滅ぼした英雄・源義経が、兄・頼朝(大泉洋)と溝を深めた結果、悲運の最期を遂げた。新たな義経像を作り上げた菅田将暉と愛妾・静御前役 … 続きを読む

大河ドラマ初出演で知った当時の人々の思い「価値観や常識は違っても、抱く感情は変わらない」新垣結衣(八重)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月22日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。名手・三谷幸喜の巧みな脚本と主人公・北条義時役の小栗旬をはじめとした俳優陣の好演により、およそ800年前の平安末期から鎌倉初期を彩った人々の活躍が生き生きと現代によみがえり、好評を博している。 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第19回「果たせぬ凱旋」今に通じる人間関係の問題を浮き彫りにする頼朝と義経の断絶

ドラマ2022年5月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月15日に放送された第19回「果たせぬ凱旋」では、宿敵・平家を滅ぼした後、源頼朝(大泉洋)と義経(菅田将暉)の兄弟が溝を深めていく姿が描かれた。  “平家打倒”という兄・頼朝の悲願をかな … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「片恋グルメ日記2」本仮屋ユイカ&平岡祐太&藤田玲&兵頭功海、オリジナルストーリーで描く“コロと八角さんの恋の行方”に注目

ドラマ2022年5月21日

 出版社を舞台に、現実の恋に踏み込めない漫画編集部員・所まどかが、思いを寄せる男性営業部員・八角直哉に近づくべく、彼が食べたものと同じメニューを食べることで、妄想しながら追体験=“食事ストーキング”をするという、“新食感”のラブコメディーの … 続きを読む

amazon

page top