【インタビュー】映画『種まく旅人~華蓮のかがやき~』栗山千明「大変なこともあるかもしれないけど、きっと楽しいはずと思いながら撮影に挑みました」

2021年4月1日 / 12:00

 人の命をつなぐ「食」をテーマにしたシリーズ『種をまく』の第4作目となる、映画『種まく旅人~華蓮のかがやき~』が4月2日から全国順次公開される。本作は、石川県金沢市の伝統野菜「加賀れんこん」を題材に、後継者不在に悩む農業の現実を見つめ直す物語。シリーズ2作目『種まく旅人 ~くにうみの郷~』に続き、農林水産省の職員として農業の活性化に向けて頑張る主人公・神野恵子を演じた栗山千明に撮影の裏話や農業への思いを聞いた。

神野恵子役の栗山千明(スタイリスト:ume/ヘアメイク:奥原清一)

-「くにうみの郷」に続き、同じ役柄を演じることが決まったときの心境を教えてください。

 『種まく旅人』シリーズは、毎回、違う主人公が登場していましたが、今回、再び神野恵子を演じさせていただけるというのは、彼女が多くの方に受け入れていただけたということなのかなと思うので、すごくうれしかったですし、光栄でした。「くにうみの郷」では“かいぼり”という作業がすごく大変ではありましたが、充実したいい撮影ができたので、今回も、大変なこともあるかもしれないけど、きっと楽しいはずと思いながら撮影に挑みました。

-恵子を演じる上では、前作からのつながりを意識しましたか。

 「くにうみの郷」のとき、撮影前にはいろいろと役柄に対して思いを巡らせていていましたが、実際に撮影が始まってみるとドキュメンタリーのような感覚で撮影してくださったので、無理に作り込まなくていいのかなと感じました。「くにうみの郷」ではノリの養殖を描いていますが、ノリが成長していく過程を見て、私がその場で思わずしてしまったリアクションがそのまま映っています。でも、神野もきっと初めてそれを見て、体験して、同じように驚いたり、感動したりすると思うので、素直に感じたことを出せばいいと思いました。神野イコール栗山なのかなという思いが私の中にあるので、今回も同じような心づもりで、思い切って飛び込んだという感覚です。

-撮影前には「今回も大変なことがあるかもしれない」と思っていたということですが、実際に大変なことはありましたか。

 それはもちろん(笑)。私は、茨城出身で、地元にもれんこん畑があるので、れんこんの収穫が大変なことは知っていましたし、覚悟していきましたが、畑に入ってしまうと自由に動き回れないので、それは大変でした。ただ、上手に収穫できなくてもいいという役柄だったので、撮影していく中で自然と慣れていけばよかったのは幸いでした。農家の役を演じた平岡(祐太)くんたちは、事前に研修をされて、私以上に大変だったと思います。それから、カメラマンさんをはじめとしたスタッフの皆さんも、本当に大変だったと思います。畑の中は歩くだけでも大変なのに、重い機材を運んだりしなければならなかったので。

-本作は、石川県金沢が舞台です。撮影中も現地の農家の方とも交流があったそうですが、金沢の印象は?

 前回は淡路島にお邪魔しましたが、今回の金沢でも、物作りをされている方の熱意は、場所に関係なく熱いものがあると感じました。それから、皆さんがとても優しかったことも印象的でした。お昼休憩にはれんこん料理も振る舞っていただいたんですよ。神野が実在していたら、きっとこういう体験をしているんだろうなということを体験させてくださり、優しく迎えてくださったのがうれしかったです。

-加賀れんこんの味はいかがでしたか。

 これまであまりれんこんの産地を意識したことがなかったのですが、改めて味わいながら食べるとサクサク感があってとてもおいしかったです。今後、加賀れんこんが手に入るならば、それを選んで食べたいと自然と思える出会いになりました。前回、出演したときもそうでしたが、スーパーで野菜を選ぶときに産地を確認するようになるなど、この映画を通して野菜や食に興味を持つことができるので、それもすごくいい変化だと私自身は感じています。

-撮影で印象に残っている風景やシーンは?

 映画冒頭のドローンで撮影したシーンです。私は自転車に乗って畑の間の道を走っていくのですが、大自然の中、お天気にも恵まれて、すごく気持ちよかったです。映像で見ても爽快だと思います。それから、やはりれんこん掘りは印象に残っています。なかなかできない体験でもありますし、こんなにも大変な作業なんだという実感も湧きました。撮影はそれほど長い期間行っていたわけではないので、れんこん掘りも楽しんでやれましたが、それをお仕事として長いスパンでやっていくのは本当に根気のいる作業で、大変なことも多いと思ったので、改めて農家の方に感謝の気持ちが強くなりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」見事なバランス感覚で描かれた“桜田門外の変”

ドラマ2021年4月14日

 4月11日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」では、タイトル通り、幕末の世を揺るがした大事件「桜田門外の変」が描かれた。  これまで、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)や、後にその主君となる徳川慶喜(草なぎ剛)を中心に … 続きを読む

タイトルバック制作秘話「渋沢の人生の軌跡を描くため、最先端の映像技術のタブーを破りました」柿本ケンサク(タイトルバック映像)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年4月14日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描くダイナミックな物語の幕開けを毎回、華麗なテーマ曲とともに彩るのが、印象的なタイトルバックだ。水墨画風のタッチ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」栄一や慶喜の姿に見る「思いやりと優しさ」

ドラマ2021年4月8日

 4月4日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」は、その名の通り、親戚や友人、知人に囲まれた、栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)のにぎやかな結婚式でクライマックスを迎え、揺れる幕府内とは対照的に、和やかな幕切れとなった。  こ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「高嶺のハナさん」泉里香、ドラマ初主演で挑む二面性のある主人公を「大切に演じていきたいと思います」

ドラマ2021年4月8日

 モデルとして活躍し、女優としても次々と話題作に出演している泉里香がドラマ初主演を果たす、真夜中ドラマ「高嶺のハナさん」が4月10日からBSテレ東ほかで放送される。本作は、ムラタコウジの同名コミックを連続ドラマ化したラブコメディー。会社では … 続きを読む

【映画コラム】恋愛を描いた対照的な2本の映画『アンモナイトの目覚め』と『パーム・スプリングス』

映画2021年4月8日

 今週は4月9日から公開される対照的な2本の映画を紹介する。  まずは、19世紀イギリス南西部の海沿いの町ライム・レジスを舞台に、女性同士の恋愛を描いた『アンモナイトの目覚め』から。  古生物学者のメアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット … 続きを読む

amazon

page top