【インタビュー】「Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-」茅島みずき 初舞台で挑むジュリエット役で「お芝居をしながら湧き出る感情や思いを大事に演じたい」

2021年3月17日 / 08:00

 ロミオ役を道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、ジュリエット役を茅島みずきが演じる舞台「Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-」が、3月29日から上演される。道枝は舞台初単独主演、茅島は初舞台出演とフレッシュなキャストたちがそろった本作は、家柄や社会に翻弄(ほんろう)されながらも、いちずな愛を貫こうとする恋愛悲劇。シェークスピアの戯曲の設定に近い2人のキャストを、宮崎秋人、森田甘路、小柳心ら実力派俳優陣が支える。茅島に、初舞台への意気込みや女優業への思いを聞いた。

ジュリエット役の茅島みずき

-出演が決まったときの心境を教えてください。

 初めての舞台出演なので、不安や緊張も大きかったのですが、このような有名な作品に携わらせていただけることは、とても光栄なことだと思いました。

-これまでドラマや映画、CMなどで活躍していますが、以前から舞台に出演したいという思いもあったのですか。

 舞台には挑戦したかったので、とてもうれしく思いました。ただ、もう少し経験を積んでからかな、とも思っていたので、不安もあります。でも、これをやり切ったら、自分を新たに成長させる一歩になるんじゃないかなと思っています。

-現在(取材当時)、稽古がスタートしたばかりと聞いていますが、舞台に出演することで、どんなところが成長できそうだと感じていますか。

 お稽古では、(演出の)森(新太郎)さんがワンシーンごとに細かく指導してくださっているので、台本に対しての取り組み方など、学ぶことばかりです。「このせりふは、こう言った方がいい」とか「このシーンではジュリエットはこう思っている」と、本当に丁寧に教えてくださるので、それを自分なりに落とし込んで、理解していけたらと思っています。

-映像作品での演技との違いは感じていますか。

 発声は全く違うなと思いました。なので、稽古が始まってすぐの頃は、ワンシーンで疲れてしまって(笑)。今は、森さんからも「保つようになったね」って言っていただいていますが、まだ、これからもっと練習していかなければいけないなと思っています。それから、この作品は古典作品なので、やっぱりせりふの言い回しも、難しいと感じています。

-これまでに何度も舞台化、ミュージカル化、映画化されてきた「ロミオとジュリエット」ですが、ご覧になったことはありますか。

 この作品の出演が決まったときに、鈴木杏さんと藤原竜也さんの舞台や、石原さとみさんと佐藤健さんが演じている舞台を映像で見させていただきました。どちらの作品も迫力があって、本当に圧巻の演技でしたので、不安にもなりましたが、演じる人によって全く違ったものになるということも分かったので、自分らしく演じられたらいいなと思っています。

-茅島さんらしさは、どのように出していきたいと思っていますか。

 今はまだ、せりふのイントネーションや言い方を重点的に考えてお稽古をしているので、これからの稽古でどうやって演じていくかを見付けられたらと思っています。お芝居をしながら湧き出る感情や思いを大事に演じたいと思います。

-ジュリエットとの共通点はありますか。

 ジュリエットはロミオに対して、いちずに、真っすぐに、誰になんと言われても曲げない思いを持っていますが、私もお芝居や演じることに対しては、ジュリエットのように真っすぐに思いが向いていると思います。

-ロミオ役の道枝さんとは、以前にドラマでも共演していましたが、道枝さんの俳優としての印象は?

 すごくお芝居に熱心な方だなという印象があります。休憩時間中も台本に向き合っていたり、森さんに質問をしにいったりと、真面目で真っすぐな方だなと感じました。

-ところで、茅島さんは子どもの頃から女優に憧れていたのですか。芸能界を目指したきっかけを教えてください。

 もともとは小学2年生から6年生まで、プロを目指してゴルフをやっていて、小学6年生の全国大会では優勝を目標に頑張っていたんですが、思った通りの結果が出なくて、そこで挫折をしてしまいました。そんなときに、今の事務所のオーディションが近くであると母が教えてくれたので、気分転換がてら、受けに行ったらグランプリを頂いて…。それで、事務所に所属させていただけることになりました。最初は、ゴルフも続けながらやっていこうと思ったのですが、今はお芝居がすごく楽しいので、お芝居で頑張っていこうと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top