【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

2020年11月20日 / 07:00

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新時代の「任侠物」をテーマとし、欲望が渦巻く街で、それぞれの組織の思惑が交錯し、ぶつかり合う様子が描かれる。「仮面ライダーゼロワン」の滅役で人気を博した氷室ショウ役の砂川脩弥と、「仮面ライダーディケイド」の主演後も、数々の映像作品や舞台で活躍する皇賢誠役の井上正大に、ビジュアル撮影の直後に、舞台の見どころなどを聞いた。

(左から)井上正大、砂川脩弥

-ビジュアル撮影を終えた感想を教えてください。

井上 この作品の世界観にある、ネオンのような赤と青の照明を後ろから当てることで、その世界観を作り出していたり、この役に近づけるオーダーメイドの衣装など、スタッフさんの気合をビジュアル撮影から感じました。設定とビジュアル以外の残りの部分は、自分たちで一緒に作っていかなきゃいけないという、その余白を撮影で埋めていくのが楽しかったです。

砂川 この衣装を着て、初めてショウに一つの色付けができました。ポージングをしながら、ショウというキャラクターが少し見えてきた感じです。ショウは真っすぐな人間なので、あまり動かずに、ピシッとしたポーズの撮影でした。

-本作はどのような舞台になるのでしょうか。

井上 すでにあるアニメやゲームを舞台化するのとはまた違います。新しいコンテンツを作っていくために舞台を使うという、今までの舞台の概念を捨てて挑まなければならないと、企画から感じています。設定だけを見ると、暴力的でアクションが多い世界観なのかな、という印象ですが、皇としてどのように魅力的に舞台に立つか、メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたいと考えています。

砂川 各組によってタイプや性格が違うので、アクションも違うのかなと想像しています。ショウの狛浪組には狛浪組に合った性格の人物が集まっているし、皇の黒条組は皇の性格に合った面々なので、そういったところも楽しんでほしいです。どんなチームカラーなのかと、今の段階から予想しながら舞台を見てもらうと、また楽しめると思います。

-「新時代の任侠エンターテインメント」と銘打つ作品ですが、近未来SF感や“神祇(ジンギ)”という力による能力バトルのようなイメージもあります。

井上 いわゆる任侠物の王道作品の世界とは全く違う、スタイリッシュなものをイメージしてはいますが、果たしてどうなるのか楽しみです。

砂川 普通の極道物ではない演出も加えてくると思っています。僕としてはアクションが楽しみです。「仮面ライダーゼロワン」では、刀を使う役でアクションをやってきたので、それを生かしながら、またアクションができたらと期待しています。

-主題歌がGACKTさん、出演に京本政樹さんと、プロジェクト発表会も大きな話題になりました。また、君沢ユウキさんや白又敦さんといった仮面ライダー作品に出演していた役者さんも多いですね。

井上 GACKTさんは、僕が「仮面ライダーディケイド」に出演していたときに、主題歌を歌っていてくださっていて、そのとき以来なので感慨深いものがあります。ROAD59の主題歌もすごくかっこいいので、一人でも多くの方に聞いてほしいです。

砂川 仮面ライダー作品に出演していた俳優が多いので、見に来てくださるお客さまも、そんなところを期待されているかもしれないですが、それだけではなく、作品自体、面白いものにしたいと思っているので、さまざまな楽しみ方をしてもらえるとうれしいです。

-お二人は初共演でライダー俳優としては先輩・後輩でもありますが、お互いの印象は?

井上 先輩・後輩というのはあまり意識したことがないですが、仮面ライダーが好きという思いが話していても伝わってきます。

-プロジェクト発表会のときも、Twitterに、井上さんが「仮面ライダーみっけ」と砂川さんと一緒に写った写真を投稿していましたね。

井上 よくあるじゃないですか。仮面ライダーを見つけたから、ちょっと「仮面ライダーみっけ、なう」みたいな(笑)。

砂川 (笑)。僕はもうテレビで見ていたイメージ通りの印象でしたので、うれしかったです。

井上 そんなに第一印象が悪くなくて良かったです。僕は第一印象が悪くなりやすくて、それは髪の毛のせいだと思うんです。今回も「地毛で来てください」と言われたんですけど、ブリーチをしたら職務質問をされたことがあるので、外を歩くときにドキドキしちゃうんです(笑)。それに、ファンの方たちは、僕がはげないか心配されていて(笑)。このプロジェクトがずっと続いて、皇がかつらになったときは、僕がはげたなと察していただければと思います(笑)。

-キャラクターをどのように演じていこうと考えていますか。

井上 とにかく動き回って、すごくエキセントリックな役柄にはしていきたいと考えています。銃を使うという感じでもなさそうなので、ボディーアクションを多めに使っていけたらと思っています。

砂川 狛浪組は他の組とは違って、多くの方が思い描く、いわゆる任侠映画などで描かれるような仁義というものを重んじている組なので、そこで差別化を見せられたらと考えています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top