【インタビュー】「舞台『ハイスクール!奇面組3』~危機一髪!修学旅行編~」和田まあや(乃木坂46)「一緒の空間で、一緒に笑えたらいいなと思います」

2020年11月6日 / 07:00

 学園ギャグマンガ『ハイスクール!奇面組』を舞台化した「舞台『ハイスクール!奇面組3』~危機一髪!修学旅行編~」が11月18日(水)から上演される。第3弾となる今回は、高校生活最大のイベント、修学旅行でのドタバタが描かれる。本シリーズには初出演となる、ヒロイン河川唯を演じる乃木坂46の和田まあやに、公演への意気込みを聞いた。

河川唯役の和田まあや

-漫画を原作とした舞台には初めての出演になりますね。まず、出演が決まってどんな気持ちでしたか。

 正直に言うと、「私で大丈夫なんですか」っていう不安が大きかったです(苦笑)。マネジャーさんにも、「こういった舞台も初めてですし、演技経験もほとんどないので、とても心配です」とお話しして、それで(演出の)なるせ(ゆうせい)さんにお会いさせていただきました。そこで、なるせさんから「一緒にやろう」と言っていただいたので、やるとなったら頑張ろうと思っています。

-原作の漫画を読んで、アニメも見たそうですが、率直な感想は?

 出てくる登場人物が、全員キャラが濃くて、すごく面白いので、夢中になって見ちゃいました! ドタバタがずっと続いているので、いい意味で「何やってんの!」って思うシーンも多くて、面白かったです。ただ、これを舞台にするのは大変だなとは思いました。第1弾と第2弾の舞台の映像も見させていただいたのですが、アニメを見ているような楽しさと、キャストさんたちの個性が混ざり合って、素晴らしかったです。でも、皆さんがすご過ぎて、私にできるのかなって、不安にもなりました。この作品は、見ると元気をもらえる作品だと思うので、みんなをハッピーにできるように私も頑張ろうと思います。

-和田さんが演じる河川唯は、どんなキャラクターだと考えていますか。

 声もしぐさもすごくかわいいけど、どこか抜けているところがあって、親しみやすい子だと思います。すごくすてきなキャラクターだなと思ったので、そのキャラクターを演じられるのは、すごくうれしいです。

-「かわいさ」がキーワードのキャラクターだと思いますが、それはどう表現したいですか。

 そうなんです、どうしましょう(笑)。とりあえず、アニメをたくさん見て学びたいと思います。でも、私は普段、キャピキャピしたタイプではないので、それを思い切り出して演じられるのは楽しいなと思っています。

-ビジュアル撮影では、初めてウィッグを着用して撮影したそうですね。河川唯になった自分の姿はいかがでしたか。

 ピンクの髪で、しかもここまでのショートはやったことがなかったので、テンションが上がりました! ウィッグをつけたら一瞬で雰囲気が変わって、衣裳もまさにアニメそのままだったので感動でした。

-ところで、和田さんはもともと舞台やお芝居に興味があったんですか。

 いや、自分にはあまり向いていないんじゃないかなとずっと思っていました。どこか苦手意識があって。見るのは好きなのですが、覚えるのも苦手ですし、自分がやるとは思わないで生きてきました(笑)。

-では、今回の出演は、和田さんにとっては大きな一歩ですね。

 はい。(2019年に出演した)MASHIKAKU CONTE LIVE「ユニコーン」と「リンドバーグ」で、自分らしくできたので、そのときには楽しさも感じることができたんです。それで、いろいろなことに挑戦したいと思って、今回も出演させていただくことにしました。演技はまだまだだと思いますが、できる限りのことをしたいと思います。

-今回の舞台に出演することで、どんな成長を期待していますか。

 今はまだ初めてのことに挑戦する不安が大きくて、どうなるんだろうと、未知の部分も大きいのですが、これから稽古を重ねて、楽しんで演じられるようになれればいいなと思います。

-ライブなどでも、乃木坂としてファンの前に立つ機会が多いので、舞台は近いものがありそうな気がしますが。

 はい、私も近いところはあると思っています。きっとステージからお客さまの顔も見えると思うので、見える分、緊張します(笑)。今、新型コロナウイルスの影響で、握手会も全然行えていないんですよ。最後にライブをした2月以降、ファンの方と直接お会いできる機会もないままなので、久しぶりにファンの方とお会いできるのはすごく楽しみです。私のブログにも、「何日に行くよ」とか、「全公演行く」とか、コメントしてくださっている方もいるので、楽しみですが、目が合うとちょっと緊張しちゃうので、カーテンコールまでは見ないようにしたいと思っています(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top