【インタビュー】『映画 ギヴン』江口拓也「アニメシリーズのその先の『ギヴン』という世界を楽しんで」

2020年8月21日 / 06:48

 フジテレビで人気の深夜アニメ枠「ノイタミナ」初となるBL(ボーイズラブ)コミックのアニメ化として話題となった、ロックバンド「ギヴン」のメンバーたちによるオルタナティブ・ラブを描いた大人気の青春バンドストーリー「ギヴン」。アニメシリーズのその後が描かれる『映画 ギヴン』がいよいよ8月22日から公開となる。本作で、「ギヴン」のメンバーの一人である梶秋彦を演じる声優の江口拓也に、映画版に懸ける思いや見どころなどを聞いた。

江口拓也

-アニメシリーズから映画版へと発展したことについての気持ちを教えてください。

 アニメシリーズを収録しているときに映画版を作るという話を聞きました。僕が演じる秋彦と春樹、そして雨月の大人組3人は、人物像の掘り下げによる本当の姿を見せる前にアニメシリーズが終わったので、その先を演じられるうれしさをすごく感じました。

-『ギヴン』の面白さをどこに感じましたか?

 オーディションを受けるときに、原作漫画を読ませていただいたんですが、BLということを途中で忘れるぐらい夢中になってしまいました。というのも、恋愛もあるんだけど、それぞれの心理描写や、バンドを結成したそれぞれの思いをぶつけていく青春の部分がとても強く描かれているからです。自分たちが学生時代に何かに打ち込んで、仲間たちとどういうふうに作っていくか、意見を交わし合うか、というのは、誰しもが経験していると思うので、そういうところに共感して面白いと感じました。

-江口さんは本作以外にもBL作品に数多く関わっていますが、本作のBL作品ならではの魅力を教えてください。

 同性の恋愛は、世の中の見方もそうですけど、やはり今の時代でもまだハードルがあると思うんです。その、向き合うべきものがあるという中で、それでも答えを導き出して関わっていくことを選択するという流れと、難しさを感じながらも乗り越えていく姿が、こういう時代だからこそ、見ている方にも勇気を与えるのが魅力だと思います。

-バンド「ギヴン」のメンバーたちは学生ということで、感情的だったり衝動的に同性愛に進んでいく場面もありますが、その姿を見てどう思われますか。

 すごくいいですよね。バンドにしろ、恋愛にしろ、勉強にしろ、自分が正しいかどうか、行動したいかどうかを考えるのが学生時代だと思うので、ちゃんと向き合っていることが、素晴らしいなと思います。大人になって社会に出ると、自由さもあるけど、その分制約も増えて、大人だから言えることや、言えないことなど、いろいろあると思うんです。そういった意味では、学生ならではのエネルギッシュな部分が出ていて、いいんじゃないかと思います。

-演じている役柄の魅力を教えてください。

 カッコイイなと思いますけど、同時に敵を作るだろうな、という生き方だから、ある意味でロックですよね(笑)。その中でも、ちゃんと自分の本心がしっかりあるし、その上で葛藤しているわけです。そういうふうに生きてみたいなとは思うけど、同時に苦しんでいるのが分かるから、何かを得るためには何かを失うんだなということを、物語を通して見られるのが面白みではあります。

-映画版の見どころを教えてください。

 春樹、秋彦、雨月の三角関係について、誰が結ばれて、誰が離れるのかという一区切りは、物語ですから当然つけるべきだと思うんです。だけど、見ていて思ったのは、付き合うのがゴールじゃないし、ハッピーエンドでもないということです。付き合うまでの過程、別れるまでの過程というのが大事で、そこに本心があるからこそ選択をするわけですけれども、本当の自分をさらけ出して行動できたということがハッピーエンドになるんじゃないかと思うんです。彼らがどういうふうに本心をぶつけるのかは三者三様で、本当の彼らを見ることができる瞬間が映画版にはあるので、そこは楽しみにしていただきたいところです。

-映画版で秋彦について注目してほしいところはありますか?

 秋彦にはずるい部分があるから、そこを見てほしいです。そういう状況でそうなったらこう思うよね、という共感できる部分、それがなくてもいいんですけど、ずるさというのは愛嬌(あいきょう)でもあるし、大人組と言われているけど、子どもっぽく見える部分があると思います。それが彼の人間的な魅力につながっていると思うから、そこは見ていただきたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

【芸能コラム】“ジャニーズドラマ”だけに終わらない見応えがある「真夏の少年」

ドラマ2020年9月18日

 次世代のジャニーズを担うグループとして人気を集めているジャニーズJr.「美 少年」のメンバーが総出演する連続ドラマ「真夏の少年~19452020」(テレビ朝日系)。ジャニーズJr.のお披露目ドラマかと思われたが、金言にあふれた、見応えのあ … 続きを読む

【映画コラム】ジョージ・ルーカス「音は感動を伝える。映画体験の半分は音だ」『ようこそ映画音響の世界に』

映画2020年9月18日

 名作映画のフッテージ(素材映像)をふんだんに使いながら、ハリウッド映画の音響と、それに携わる人々にスポットを当てたドキュメンタリー映画『ようこそ映画音響の世界に』が公開中だ。監督は、自身も女性音響スタッフとして活躍するミッジ・コスティン。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『Daughters』三吉彩花「お互いの存在が大きかったことを実感しながら撮影に臨めました」 阿部純子「どのように生きたいかを考えるきっかけになりました」

映画2020年9月17日

 東京・中目黒でルームシェア生活を送る小春(三吉彩花)と彩乃(阿部純子)。同じ速度で歩んでいくと思っていた2人だが、彩乃が妊娠したことによって人生が大きく変化していく…。四季折々の風景とともに、女性たちの心情を丁寧につづった映画『Daugh … 続きを読む

page top