【インタビュー】映画『2分の1の魔法』志尊淳 兄役の城田優は「何かあったときも一番に相談ができる、頼りになる存在」

2020年8月20日 / 06:45

 魔法が消えかけた世界を舞台に、亡くなった父親にもう一度会いたいと願う兄弟が、魔法によって半分だけ復活した父を完全によみがえらせるために奮闘する姿を描く『2分の1の魔法』が、8月21日から公開される。主人公の内気な少年イアンの日本語版声優を担当した志尊淳に、初めてディズニー&ピクサー作品に参加した感想や、普段から兄弟のような関係という、兄バーリー役の城田優について聞いた。

主人公イアンの日本語版声優を担当した志尊淳

-初めてのディズニー&ピクサーへの参加でしたが、決まったときの気持ちを教えてください。

 決まったときは「まさかディズニーに携わることができるとは」という驚きと喜びが強かったです。

-プレッシャーなどはありましたか。

 プレッシャーよりも、作品を見て、この素晴らしさを日本語でしっかりと届けたい、伝えたいという思いがあったので、イアンの感情をそのまま届けるということに専念しました。実際に演じてみて、声で表現するというテクニカルな部分では苦労するところもありましたが、収録は楽しくできました。

-日本語版声優が発表されたときに、城田さんが「本当の弟のように思っているのでうれしい」とコメントしていましたが、普段から仲がいいのでしょうか。

 取材などで「本当の兄弟のような関係」と言うと、うそっぽく聞こえてしまいますが、僕と優くんの場合は本当なんです。プライベートでも一番会っているし、事務所の先輩とは思えないような言葉遣いで話しています(笑)。ただ、けんかはしません。言い合いはしますけど(笑)。

-それは、何か共通点があって、そこまで仲良くなったのでしょうか。

 同じ事務所だから、仕事の環境が似ているんです。だから、仕事の相談もプライベートで何かあったときも一番に相談ができる。頼りになる存在です。

-一緒にいることで、似てきた部分などはありますか。

 根本にある考えや、ロジカルな部分はもともと似ていましたが、やっぱりずっと一緒にいると、それ以外の部分も似てくるみたいで、事務所の人から「城田みたいになってきたな」とよく言われます(笑)。

-どちらかが合わせているわけではないんですね。

 僕の意見を、優くんに寄せているわけではないんです。だから2人で何か話しているときも、「僕は違うと思う」と、ちゃんと自分の考えを伝えられるので、すごく不思議な関係です。

-お二人には、バーリーとイアンと似ている部分はありますか。

 劇中の2人と僕たちは本当に似ています。優くんがふざけていて、僕が止めるみたいな。どっちが年上なのか分からないです(笑)。最初に映像を見たときも、優くんの声は入っていないのに、バーリーが優くんにしか見えなくて、収録中も優くんと会話をしているような気持ちでした。

-収録前に、城田さんからアドバイスなどはありましたか。

 ありませんでした。ただ、終わった後に「淳ちゃん(イアンの声に)すごく合っていたよ」と連絡をもらいました。優くんは身内に厳しいので、普段、僕が出演している舞台などを見てくれたときは、駄目出しがあるんですけど、今回はすごく褒めてくれました。

-作品の魅力はどんなところですか。

 この作品の好きな部分は、見る側に考える余地を与えてくれるところです。見たあとでいろいろな捉え方ができるように作られているところが好きです。

-イアンの年齢にちなんで、16歳のときの印象的な出来事を教えてください。

 ちょうどデビューが16歳なんです。誕生日の数日後に「ミュージカル・テニスの王子様」のオーディションに合格した、というのを聞いたので、その瞬間に人生が変わりました。

-そのときは、ワクワクと不安のどちらが大きかったですか。

 不安が100パーセントでした。実は、舞台が終わったら辞めようと思っていたんです。養成所にいたときに「オーディションを受けてきて」と言われて、訳も分からずに受けて、ありがたいことに受かることができて。ただの高校生が、急に「2500人の前で舞台をします」と言われても、うまくいくわけもなく、怒られてばかりでした。でも、そこから学ぶことはすごく多かったし、お客さんの前で披露することは最高に幸せでしたが、もうこれで満足だなと思っていて、千秋楽でやっとホッとできました。(公演中は)不安で寝られないし、SNSや手紙で悪口を書かれたり、そういう経験は今まで全くなく、免疫もなかったので、舞台に立ったときの高揚感は、他の物では味わえないとは思いましたが、次につなげよう、という考えは一切ありませんでした。

-イアンとバーリーの成長も本作の見どころの一つですが、志尊さんには自分を成長させてくれた存在はいますか。

 家族です。高校生のときに、一人で生きていこうと思って、2年間ぐらい一人で生活していたんですけど、実際に離れてみて、家族の尊さや大切さを感じました。今も家族が基準というか、母親が基準です。何か大切な決断をするときはまず家族の顔を思い浮かべます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

【芸能コラム】“ジャニーズドラマ”だけに終わらない見応えがある「真夏の少年」

ドラマ2020年9月18日

 次世代のジャニーズを担うグループとして人気を集めているジャニーズJr.「美 少年」のメンバーが総出演する連続ドラマ「真夏の少年~19452020」(テレビ朝日系)。ジャニーズJr.のお披露目ドラマかと思われたが、金言にあふれた、見応えのあ … 続きを読む

【映画コラム】ジョージ・ルーカス「音は感動を伝える。映画体験の半分は音だ」『ようこそ映画音響の世界に』

映画2020年9月18日

 名作映画のフッテージ(素材映像)をふんだんに使いながら、ハリウッド映画の音響と、それに携わる人々にスポットを当てたドキュメンタリー映画『ようこそ映画音響の世界に』が公開中だ。監督は、自身も女性音響スタッフとして活躍するミッジ・コスティン。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『Daughters』三吉彩花「お互いの存在が大きかったことを実感しながら撮影に臨めました」 阿部純子「どのように生きたいかを考えるきっかけになりました」

映画2020年9月17日

 東京・中目黒でルームシェア生活を送る小春(三吉彩花)と彩乃(阿部純子)。同じ速度で歩んでいくと思っていた2人だが、彩乃が妊娠したことによって人生が大きく変化していく…。四季折々の風景とともに、女性たちの心情を丁寧につづった映画『Daugh … 続きを読む

page top