【インタビュー】ダイワハウスSpecial地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」岸谷五朗&寺脇康文が送る「地球ゴージャス ナンバーワン エンターテインメント」

2020年1月28日 / 12:00

 岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を記念した祝祭公演として、2009年に地球ゴージャス10作目の公演として上演された「星の大地に降る涙」が新演出版で上演される。今回の公演では、主演に新田真剣佑を迎え、岸谷自らが脚本を書き直してミュージカル化。戊辰戦争時、歴史の大きな渦に巻き込まれた人間たちの生きざまを描く。岸谷と寺脇に、本作の見どころ、さらには「地球ゴージャス」への思いを聞いた。

「地球ゴージャス」を主宰する岸谷五朗(左)と寺脇康文

-結成25周年おめでとうございます。結成から25年、変わらずにお二人で歩んでこられた秘訣(ひけつ)は何でしょうか。

岸谷 性格も違うし、考え方も違うから興味があるし、相手に引かれる。その上で、一番、核となる方向性が同じなのだと思います。

寺脇 そこさえ同じであれば、他の道はバラバラでもいいんですよ。お互い、寄り道する場所は違うけれども、また同じ道に戻ってきて、同じ風景を見ようと思える。そんなところかもしれません。

-そもそも「地球ゴージャス」結成時に、劇団という形ではなくユニットで、ゲストを迎えて公演を行っていくという現在の形で活動を行おうと思ったのはどういった思いからだったのですか。

岸谷 25年前、僕らは10年間、同じ劇団で一緒に活動をしていて、劇団の素晴らしさを学びました。その上で、自分たちで世の中に対して戦っていこうと思ったときに、劇団組織じゃないと思ったんです。劇団には劇団の良さがあることは分かっていますが、それでも僕らは2人だけで作る良さを選んだ。その良さとは、例えば、一つの脚本に対して、世界中から役者をキャスティングできるということ、つまりは脚本が良くなるためにキャスティングできることだったり、自由なフットワークでたくさん公演が行えることだったり、ということです。そして、25年間必死にやってきて、結果として地球ゴージャスの新作に10万人のお客さまを呼べるようになった。これは、このやり方が間違っていなかったんだろうと思います。

寺脇 「こうしたい」というところから始まっているから、無理がないし、ストレスもないんです。劇団の良さはもちろん分かっていましたが、そこにはストレスもあった。こういう演出じゃないものがやってみたいとか、こうしたらいいのにという思いが、やっていくうちに出てきたんです。それは、劇団が嫌になったということではなく、自分たちがやりたいものが見えてきたということだと思うのですが。だったら、それをやるべきだ、と。僕は、自分たちが疑問を持ったままのお芝居をお客さまに見せるのはとても失礼なことだと思ったし、それが面白かろうが、面白くなかろうが、成功しようがしまいが、自分たちが納得したものをやれば、自分たちの中では納得できる。そんな思いからスタートしました。

-先ほど、方向性が一緒だというお話がありましたが、その方向性とは?

岸谷 どんな形を作ってもいいと思っていることです。今、僕たちがやりたいこと、飢えていることは何だろうということを考えて、その飢えていることをする。飢えているものじゃないと、追求ができないと思うんです。追求することがエンターテインメントのレベルを上げていくことにもつながると思います。

寺脇 それから、僕たちは見に来てくださった方の五感を全てを震わせたいと思ってやっています。鳥肌を立ててもらいたいし、笑ってもらいたいし、泣いてもらいたいし、怒ってもらいたい。人間が持っているものを全て引き出すようなものを作りたいんです。でも、たとえ悲しい結末だとしても、何かしらの希望は持って帰ってもらいたい。暗たんたる気持ちで帰ってほしくはないというのは、大前提としてあります。

-「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」についてもお話を聞かせてください。再演するに当たって、ミュージカルという形式にしたのはどういった理由からですか。

岸谷 祝祭公演と冠している通り、地球ゴージャスのお祭りにしたいという思いがありました。ミュージカルにして、会場を舞浜アンフィシアターにして、初演よりもさらにエンターテインメント性の強い作品にしたかったんです。今、脚本を全部書き直していますが、新たな曲も増え、初演時よりもバージョンアップしたものをお見せしたいと思っています。

-舞浜アンフィシアターでの公演というのも面白い試みですね。

岸谷 この会場は、エンターテインメントを作るには最高の場所だと思います。ただ、この会場で公演することで、舞台セットをほかの会場に持っていけないので、今回は東京公演と大阪公演のみになっていますが。それでも、舞浜アンフィシアターで見る演劇は特別だと思います。

寺脇 地球ゴージャス20周年のときに、アンフィシアターでガラコンサートを行わせてもらったんです。そのときに、ここはすごくいいと感じましたし、先生(岸谷)の琴線にも触れたんでしょう。僕も思いました。あの広い空間は、北海道の空で大地。星の大地だって。「星の大地」を表現するのに、ぴったりの会場だと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』松岡茉優「デジモンは一緒に成長してくれる作品」

映画2020年2月21日

 シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」。今回の舞台は最初の冒険から10年以上が経過した2010年。当時小学生だった八神太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。そんな中、世界中の“選 … 続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

映画2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ … 続きを読む

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

【インタビュー】映画『フードロア:Life in a Box』齊藤工監督 世界的プロジェクトへの参加で「楽な気持ち」に… 安藤裕子 6年ぶりの映画出演は再びものづくりを楽しむチャンスに!

映画2020年2月14日

 アジアの八つの国の気鋭監督による“食”をテーマにした8エピソードからなるアンソロジーシリーズに監督として参加し、『フードロア:Life in a Box』を手掛けた齊藤工。本作に「神がかったキャスティング」によって出演するシンガーソングラ … 続きを読む

【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

舞台・ミュージカル2020年2月13日

 脚本家で演出家、俳優としても活動する宮藤官九郎が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を終え、次に挑むのは自身が所属する「大人計画」の劇団公演「ウーマンリブシリーズ」だ。同シリーズは、宮藤が作・演出を務め、何ものに … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top