【インタビュー】『影に抱かれて眠れ』中村ゆり「物質的な豊かさよりも、人としての尊厳を大事にする主人公の生き方がカッコいい」

2019年9月25日 / 18:44

-そういうお話を伺うと、中村さんが以前出演した『パッチギ! LOVE&PEACE』(07)を思い出します。

 井筒(和幸/『パッチギ!LOVE&PEACE』の監督)さんに出会ったのも、すごく大きいですね。一見、横柄に見える方ですが、実は社会に対する目線がすごく優しい。だから、いつまでもああやって突っ張って生きているんでしょうし…。私が女優を始めて本当によかったと思うのは、人生の先輩として、尊敬できる方にたくさん出会えたことです。是枝(裕和)監督もその一人。ドキュメンタリー映画の感想を話し合ったりすると、とても勉強になります。

-そのスタンスは、この作品の冬樹にも通じるものがありますね。

 そうですね。冬さんの生き方がカッコいいのは、物質的な豊かさよりも、もっと深い、人としての尊厳を大事にしているところ。だから、ああいう裏社会のようなところにいても、きれいなままでいられるんでしょうね。

-そこも、この作品の魅力ですね。

 いい意味で懐かしいですよね。昔の文豪なども、ちょっと破滅的なところがありますし、そういう人たちに通じる部分もあるな…と。でも、みんな人としての尊厳は持っている。今は合理的に生きようとする人が多いですけど、「こういう生きざまもあるんだよ」ということを、若い人たちにも知ってもらいたいですね。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)BUGSY

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『君が世界のはじまり』松本穂香&中田青渚 熱量の高いクライマックスの撮影を「2人で乗り越えた感があった」ふくだももこ監督「おかげで『絶対にいい映画になる』と確信」

映画2020年8月1日

 注目の若手俳優が集結した青春映画『君が世界のはじまり』が、7月31日からテアトル新宿ほかで全国ロードショーされている。本作は、ふくだももこ監督が手掛けた短編小説「えん」(すばる文学賞佳作受賞)と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさよう … 続きを読む

【映画コラム】根も葉もある絵空事の集大成 大林宣彦監督の遺作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

映画2020年7月30日

 新型コロナウィルスの影響により公開が延期となっていた大林宣彦監督の遺作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が、7月31日から全国公開される。  大林監督は、CMディレクターから映画界に入り、故郷の広島県尾道市を舞台にした『転校生』(82)『時 … 続きを読む

【2.5次元】舞台『刀剣乱舞』最新作、古今伝授の太刀・塚本凌生インタビュー「今だからこそ生まれた作品になっている」

舞台・ミュージカル2020年7月29日

 舞台『刀剣乱舞』(以下、刀ステ)のシリーズ最新作「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶」(「綺伝 いくさ世の徒花」に取り消し線入る)が7月16日に開幕した。本作は、予定されていた公演が新型コロナウイ … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「フラッシュダンス」桜井玲香 「何よりも両親がすごく喜んでくれました」

舞台・ミュージカル2020年7月22日

 日本初演のミュージカル「フラッシュダンス」が、9月12日から東京都内の日本青年館ほかで上演を予定している。本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化したもの。生演奏による「ホワット・ア・フ … 続きを読む

【インタビュー】舞台「死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-」崎山つばさ×安井謙太郎×陳内将 舞台で見せる死神たちの新たな物語

舞台・ミュージカル2020年7月17日

 東映が送る映画と舞台の連動企画「東映ムビ×ステ」の第2弾『死神遣いの事件帖』の舞台「死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-」が7月23日から上演される。映画に続いて上演される舞台では、映画のその後を描いた、侠客・新之助と死神・十蘭を中心とした新たな … 続きを読む

page top