【インタビュー】『ライオン・キング』ジョン・ファブロー監督「技術やキャスト、作品のトーンで変化をつける努力をし、新たな『ライオン・キング』を作ることができたと自負しています」

2019年8月2日 / 15:26

-私が子どもの頃に最初に見たディズニーのアニメーション映画は『ジャングル・ブック』(67)だったので、監督が撮った“実写版”の『ジャングル・ブック』(16)の出来には大変驚きました。今回はそれに続く“超実写版”でしたが、何か大きな違いはありましたか。

 私も、最初に見たディズニーのアニメーション映画は『ジャングル・ブック』でした。ただ『ジャングル・ブック』は、何度も見返すというタイプの映画ではありませんでしたよね。私もあなたも他にすることがたくさんあったし…(笑)。だからリメークをする際にも、物語も含めて、私たちがより良くする余地がありました。ところが、『ライオン・キング』の場合は、オリジナルのストーリー自体が素晴らしく、観客も物語の全てを細部まで覚えているので、私たちがアップデートする余地があまりありませんでした。それが大きな違いでした。

 (アメリカの場合)通常のアニメーション作品は、俳優の声を先に録音して、アニメーターたちがそれを聴きながらキャラクターを作っていきます。すると、動きが少し漫画チックになったり、大げさになったりもしますが、今回は、ドナルドやセス、そしてティモン役のビリー・アイクナーたちの映像を先に撮って、それを参考にしながら、生き物たちを動かしていきました。なので、モーションキャプチャーに近いような作り方ができました。もし、人間の表情までもコンピューター映像で処理をするということであれば、それはどうなのかとは思いますが、超実写版的に見れば、今回の手法は最高だったと思います。

-ご自身、俳優でもありますが、このように人間(俳優)が出てこない映画をどう思いますか。

 決して脅威だとは思っていませんよ。もっと脅威に感じることが他にもあるので…(笑)。

(取材・文/田中雄二)

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top