【インタビュー】『ライオン・キング』ジョン・ファブロー監督「技術やキャスト、作品のトーンで変化をつける努力をし、新たな『ライオン・キング』を作ることができたと自負しています」

2019年8月2日 / 15:26

-私が子どもの頃に最初に見たディズニーのアニメーション映画は『ジャングル・ブック』(67)だったので、監督が撮った“実写版”の『ジャングル・ブック』(16)の出来には大変驚きました。今回はそれに続く“超実写版”でしたが、何か大きな違いはありましたか。

 私も、最初に見たディズニーのアニメーション映画は『ジャングル・ブック』でした。ただ『ジャングル・ブック』は、何度も見返すというタイプの映画ではありませんでしたよね。私もあなたも他にすることがたくさんあったし…(笑)。だからリメークをする際にも、物語も含めて、私たちがより良くする余地がありました。ところが、『ライオン・キング』の場合は、オリジナルのストーリー自体が素晴らしく、観客も物語の全てを細部まで覚えているので、私たちがアップデートする余地があまりありませんでした。それが大きな違いでした。

 (アメリカの場合)通常のアニメーション作品は、俳優の声を先に録音して、アニメーターたちがそれを聴きながらキャラクターを作っていきます。すると、動きが少し漫画チックになったり、大げさになったりもしますが、今回は、ドナルドやセス、そしてティモン役のビリー・アイクナーたちの映像を先に撮って、それを参考にしながら、生き物たちを動かしていきました。なので、モーションキャプチャーに近いような作り方ができました。もし、人間の表情までもコンピューター映像で処理をするということであれば、それはどうなのかとは思いますが、超実写版的に見れば、今回の手法は最高だったと思います。

-ご自身、俳優でもありますが、このように人間(俳優)が出てこない映画をどう思いますか。

 決して脅威だとは思っていませんよ。もっと脅威に感じることが他にもあるので…(笑)。

(取材・文/田中雄二)

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「『せがれの高座、見るんじゃねえのか!』というせりふを書ける宮藤官九郎さんはすごい」中村七之助(三遊亭圓生)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 満州を舞台に、古今亭志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)と小松勝(仲野太賀)の終戦前後の壮絶な体験が語られた第39回。第1回からほのめかされてきた五りん(神木隆之介)を巡る謎が明らかになった回でもあった。このとき、孝蔵と共に慰問で満州に渡った … 続きを読む

「第39回はほぼ全編、志ん生=孝蔵のシーン。驚きました」森山未來(美濃部孝蔵)「森山未來の芝居は絶品」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 1940(昭和15)年の東京オリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争へと突入。田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)らの思いをよそに戦争が暗い影を落とす中、10月13日放送の第39回では、美濃部孝蔵=古今亭志ん生と三遊亭圓生(中 … 続きを読む

【映画コラム】逆説的なビートルズへのラブレター『イエスタデイ』

映画2019年10月12日

 昨日まで、世界中の誰もが知っていたザ・ビートルズ。今日は、僕以外の誰も知らない…。そんな不思議な世界を描いた『イエスタデイ』が公開された。  売れないミュージシャンのジャック(ヒメーシュ・パテル)が引退を決意した夜、世界中で謎の停電が発生 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』堀田茜 女優宣言! 群雄割拠を勝ち抜く武器は“出川ガールズ”で培ったバラエティーセンス

映画2019年10月11日

 女性ファッション誌『CanCam』の専属モデルとして同世代の女性を中心に支持される一方、日本テレビ系バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」では“出川ガールズ”の一員として、キュートな笑顔を振りまきながら体当たりロケに挑戦し、その姿が … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「八つ墓村」吉岡秀隆「八つ墓村、キター!」金田一耕助役の再オファーに興奮、村上虹郎「ショーケン!」名優と同役に感激

ドラマ2019年10月11日

 昨年7月に放送されたドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」に続く「八つ墓村」(BSプレミアム10月12日午後9時~10時59分放送)で金田一耕助役を続投する吉岡秀隆。前回のインタビューでは同役を演じられることに感慨をにじませていたが、今回の心境は … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top