【2.5次元インタビュー】舞台「十二大戦」滝川広大&才川コージ&橋本祥平、12人の殺し合いが「最先端技術で驚きの舞台に」

2018年5月1日 / 16:07

-この作品に登場する12人のキャラクターは、それぞれ特殊能力を持っていて、その能力を使って戦いを繰り広げます。もし、そのうちの一つの能力を手に入れられるとしたら、どの能力が欲しいですか?

才川 俺、(怒突が持つ秘薬)ワンマンアーミー! 自分の極限の身体能力を得られる、最高のドーピングなんですけど、それでオリンピックに出たい!

-でも、オリンピックに出たら、ドーピング検査に引っかかりませんか?(笑)

滝川 引っかかるでしょ、ドーピングって言っているんだから(笑)。

才川 そっか…でも、めっちゃ楽しいですよね、きっと。ウサイン・ボルトよりも速く走れるし、体操だったら、(白井健三の代名詞である)「シライ」を超えて6回転ひねりの「サイカワ」って技を出しますよ(笑)。

滝川 自分は寝住(ねずみ)のハンドレッド・クリック(確率世界に干渉して100通りの分岐を同時に実行し、一つを真実として確定する能力)。先まで見えるなんて、絶対得じゃないですか。

橋本 争いのない世界だったら、寝住が最強だよね。でも、僕は断罪兄弟・兄で。飛べるので。飛ぶって夢でしょ? 空には渋滞もないし(笑)

才川 確かに、飛ぶのもいいね。

-どの能力も魅力的に思えてきました(笑)。それでは、最後に、作品の見どころを。

才川 戦闘シーンでは最新の技術を使っているので、かなりかっこいいステージが見られると思います。ぜひ、12人の殺し合いを見ていただきたいです。

橋本 (本作は)決して明るい話ではないですが、12人のキャラの誰か一人にでも共感できる部分があると思います。そして、最先端な技術で舞台をお送りしますので、アニメ同様、舞台でも驚いてくれたらうれしいです。

滝川 オープニングからすさまじく心をつかまれる作品になっていると思います。そして、自分にしかできない牛井の生きざまを表現できるよう頑張っていきます!

(取材・文/嶋田真己)

(C)西尾維新・中村光/集英社 (C)エイベックス・ピクチャーズ株式会社

 舞台「十二大戦」は、5月4日から新神戸オリエンタル劇場、5月9日から東京・シアター1010で上演。東京5月11日午後2時〜Do As Infinity「化身の獣」SPライブ付追加公演決定。

原作:西尾維新『十二大戦』(集英社刊)
■ 公式サイト:http://12taisen-stage.com
■ 公式Twitter:@12taisen_stage

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「明智光秀を中心に、英傑たちが台頭してくる戦国時代の始まりを描く」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月18日

 1月19日、待望の大河ドラマ「麒麟がくる」がついに放送開始となる。「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を主人公に、斎藤道三(本木雅弘)や織田信長(染谷将太)など、群雄割拠の戦国時代を駆け抜けた英傑たちの物語が、1年にわたって … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』山田涼介「現場でみんなと話し合いながら作った映画。自分としても満足いく出来になりました」

映画2020年1月18日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。大学生の遼一は突然、恋人の杏子(蓮佛美沙子)が自分との記憶を全て失うという事 … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』佐々木蔵之介「山田くんとの共演では、絶妙なバディ感を目指しました」

映画2020年1月17日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。本作では、「人の記憶を消すことができる」とうわさされる都市伝説“記憶屋”の存 … 続きを読む

「今までの明智光秀のイメージを白紙に戻して」池端俊策(脚本)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月17日

 いよいよ1月19日から放送開始となる大河ドラマ「麒麟がくる」。大河ドラマとしては3年ぶりに戦国時代が舞台となる本作では、「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を中心に、織田信長(染谷将太)や斎藤道三(本木雅弘)といった武将たち … 続きを読む

【映画コラム】事実を基にした物語『リチャード・ジュエル』と『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

映画2020年1月16日

 今回は、1月17日から公開される、事実を基にした映画を2本紹介しよう。どちらも、ドキュメンタリーとは違う、劇映画ならではの工夫や面白さが感じられる。まずはクリント・イーストウッド通算40作目の監督作品『リチャード・ジュエル』から。  19 … 続きを読む

page top