【インタビュー】『去年の冬、きみと別れ』山本美月「できるだけ予備知識なしで見て、だまされてくれたらうれしい」

2018年3月9日 / 17:55

 『教団X』で知られる芥川賞作家・中村文則氏の同名小説を映画化した『去年の冬、きみと別れ』が3月10日から全国公開される。猟奇殺人事件の真相を追う野心的な記者・耶雲恭介(岩田剛典)を中心に、見る者の予想をくつがえす物語が繰り広げられる驚愕(きょうがく)のサスペンスだ。本作で、不安を覚えながらも耶雲を献身的に支える婚約者・松田百合子を演じたのが、シリアスなドラマからコメディーまで幅広く活躍し、進境著しい若手女優の山本美月。巧みに伏線を張り巡らせた物語で演技をする難しさや、撮影の舞台裏を語ってくれた。

松田百合子役を演じた山本美月

-映画を拝見して、次々と予想をくつがえしていく展開に驚かされました。最初に台本を読んだときの感想をお聞かせください。

 私もびっくりしました。罠にハマったな、という感じでした。

-原作とも違う展開に、さらに驚かされました。原作は読みましたか?

 実は読んでないんです。「原作を読むと、混乱するかも」と言われたので、今回は台本だけを読んで挑みました。。

-その上でお伺いします。松田百合子という役は、物語の展開を考えると、演じる上で難しさがあったと思いますが、どんなことを考えて演じましたか。

 すごく難しかったです。百合子がどんなふうに見えるべきなのか、判断に迷うところもあったので、あまり考え過ぎないように、監督から言われた通りに演じさせていただきました。

-瀧本智行監督からは演技に対して細かく指示があったそうですね。

 この作品の前に明るいOLの役をやって、声のトーンが高めになっていたので、「なるべく低く」と言われました。他にもたくさん指摘を受けましたね(笑)。いい意味で厳しく、時々褒めてくれるのがすごくうれしかったです。岩田さんにも同じように厳しく指示を出されていましたが、岩田さんと監督の間には絆がしっかり出来上がっていたのがうらやましくて…(笑)。私もまた今度、監督とがっつりやりたいです。

-役作りはどのようにされたのでしょうか。

 自分でもいろいろ考えて現場に入ったのですが、全部、監督から「それは違う」と言われてしまいました(笑)。でもその分、百合子がなぜそういうことをするようになったのか、描かれていないことまできちんと考えていて、丁寧に説明して下さったので、役を作る上ではすごく助かりました。

-主人公・耶雲恭介役の岩田剛典さんと共演した感想は?

 監督からは「掛け合いのときにリズムを大事にしろ」と言われました。岩田さんは、ものすごく役に入り込んでいたので、現場では和気あいあいという感じではありませんでしたが、映画が完成して試写のときにお会いしたら、お話されている雰囲気も全然違っていたので驚きました。

-百合子は殺人事件の容疑者となるカメラマン、木原坂雄大とも関わりますが、木原坂を演じた斎藤工さんの印象は?

 工さんとは今までも共演する機会が多かったのですが、すごくナチュラルな感じで、「工さんは本当にこういう人なのでは?」と思うぐらい似合っていました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top