【インタビュー】「THIS IS US 36歳、これから」高橋一生「家族や恋人、兄弟という題材をストレートにやる熱意に感銘を受けました」

2017年10月1日 / 10:00

 誕生日が同じ36歳の男女3人を主人公に、それぞれが人生の壁を乗り越えようとする姿を描いたヒューマンドラマ「THIS IS US 36歳、これから」が、10月1日からNHKで放送開始される。本作は、次々と明らかになる意外な真実や予想をくつがえす展開が話題を呼び、昨年アメリカで大ヒット。先ごろ発表された第69回エミー賞でも主演男優賞を受賞した話題作だ。放送に先立ち、3人の主人公の1人、ケヴィンの声を演じる高橋一生が、海外ドラマ吹き替え初挑戦となる本作での体験から海外ドラマに対する思いまで、幅広く語ってくれた。

記者会見時の高橋一生

-海外ドラマ吹き替え初挑戦とのことですが、他人の英語のお芝居に声を当てた感想は?

 言語やブレスなど、いつもとは違うものをどうしていけばいいのだろうと思いました。最初は周りの方たちに助けていただきながらでしたが、次第にふに落ちるようになり、自分の中で納得してできるようになっていきました。声を当てるというよりは、お芝居をする感覚で収録に臨んでいました。

-普段のお芝居よりも、声が少し高いように感じましたが。

 ケヴィンを演じているジャスティン・ハートリーさんの声が思ったよりも高いので、少し高めにしてみました。僕は普段、お芝居をさせていただくとき、微妙なレベルで声の質を変えているんですが、声だけだとそれが突出して聞こえるみたいです。ディレクターの方から「ちょっと違います」と言われたら調整しようと思っていましたが、大丈夫でした。

-ご自身ではご自分の声をどのように捉えていますか。

 魅力的と言っていただけるのはとてもありがたいことですが、さっきも言ったように、役によって使い分けているので、それほど自分の声に対して執着がないんです。この声が武器だとはあまり思わないようにしています。ケヴィンの声は高めなので、見ている人たちに、これが日本版ケヴィンの声として定着するとうれしいです。

-演じるケヴィンの職業は高橋さんと同じ俳優です。第1話でケヴィンが「俳優としてのプライドを守ったんだ」と叫ぶシーンがありますが、高橋さんにとって、俳優のプライドとは何でしょう。

 プライドを持たないことじゃないでしょうか(笑)。俳優って、1人では何もできないんです。脚本家の方やスタッフの方たちがいないと何も生み出せない。頂けるお話にどれだけ誠実に向き合っていけるかということが大前提として問われていると思うので、まず必要なのはプライドを捨てることだと思います。

-このドラマを初めて見た時の感想は?

 初めて見た時、「これ、本当は日本人の気質なのでは?」と思ったんです。人種や肌の色の違いというものはありますが、そういったものを抜きにして、こういった繊細なドラマは、もともと日本人が得意にしていたものだったのではないか、と。それを今、海外の方たちがやっているのを見ると、「こういうものもできてしまうのか」と感嘆しました。しかもそれを、ネガティブな物語として組み立てていない。家族や恋人、兄弟という題材は出尽くしているかもしれないけれど、それをあえてもう一度、ストレートにやる熱意に感銘を受けました。

-こういうハートウォーミングな作品がアメリカで支持されたことを、どのように感じていますか。

 とてもすてきだと思いました。アメリカという国を僕がどれだけ理解できているのかは分かりませんが、この作品が支持されたということは、この人たちもやっぱり最後は、人のことを愛したい、愛されたいというところに戻っていくんだということが分かりました。

-海外ドラマをよくご覧になるそうですが、どんなところが魅力ですか。

 例えば、脚本家がチームで動いているところなんてすごいと思います。同時進行している複数のチーム同士でコンセンサスが取れていて、お互いがコミュニケーションを取って、次につないでいく…。物語のどこにフォーカスすべきか、どこに重きを置くべきか、ということを的確につかんでいる感じがします。

-そうかもしれませんね。

 脚本だけでなく、カメラワークにしても照明にしても音にしても、それぞれの技術がしっかりエンターテインメントというものに向き合っている気がします。音一つとっても、小声でしゃべっているところをしっかりと拾っていたりしますから。向こうのそういったものが、長年、エンターテインメントに関わり続けてきた人たちがトライ&エラーを繰り返した結果、出来上がったものだと考えると、僕はこれからもお芝居をしっかりやっていこうと思います。

(取材・文・写真/井上健一)

「THIS IS US 36歳、これから」Photographs (c) 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】現地調査!龍潭寺から井伊谷城まで、歩いて何分? 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月23日

 「寺にこのような書状が届いてな…」  そう口にしながら、直虎(柴咲コウ)を訪ねてくる龍潭寺の南渓和尚(小林薫)…。「おんな城主 直虎」の中で何度か見られた光景だ。直虎たちが日常を過ごす井伊家居館や菩提寺の龍潭寺、戦に備えるための井伊谷城な … 続きを読む

【映画コラム】アメリカ映画の底力を感じさせる『バリー・シール/アメリカをはめた男』

映画2017年10月21日

 1970年代、大手航空会社のパイロットとして活躍し、その後、CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、麻薬の密輸で巨万の富を得た男。その数奇な人生を、実話を基に映画化した『バリー・シール/アメリカをはめた男』が公開された。  トム … 続きを読む

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月16日

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの … 続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、か … 続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直 … 続きを読む

page top