【インタビュー】清水翔太「ファッションアイコンみたいな見られ方は恥ずかしい」 “究極のラブソング”をリリース

2015年10月23日 / 15:33

 今年は、自身初のベストアルバムを発売し、全国20カ所を回るツアーも開催するなど、さらなる飛躍の年となったシンガーソングライターの清水翔太。NHK総合「デザイナーベイビー」の主題歌でもあるニューシングル「花束のかわりにメロディーを」を28日にリリースする。

 

清水翔太

清水翔太

―「花束のかわりにメロディーを」はどのように発想した曲ですか。

 「この曲は清水翔太にしか書けない」と言われるような、究極のラブソングにしたいなと思いました。例えば、全然相手にしてくれない、すごく好きな人がいたとして、その人に対して、僕の一番誇れるもの、大事なものをあなたのために捧げるから、その瞬間だけでも、自分のことを見詰めてほしい、好きになってほしいという詞を書いたら、自分らしいし、自分にしか書けないことになるんじゃないかなと思って。

―お気に入りのフレーズは?

  僕が気に入っているフレーズは「ほんの少しの ためらいに立ち止まって 愛の痛みを知ったよ」です。これはきっと、ほんとに好きにならないと分からないこと。「あの子かわいいけど、自分じゃ無理だろうな」ぐらいじゃ、痛みは感じない。こんなに好きなのに、どうしてもあと一歩近づけない、一言言いたいことが言えないとか、ほんとに好きになったからこそ、ためらいに痛みが伴うピュアさっていいなと思って。

―今回の曲で苦労した点は?

  ないですね。基本的に僕は苦労を避けます。制作に苦しみが伴うと、良いと思える曲ができないんです。もし、苦労しそうなら、作るのを止めます。

―カップリング曲「カゼニフカレテ」には、どんな思いが込められているのですか。

  時々、全く知らない場所、知らない町に行ったときに、そのときの風の温度や匂いに懐かしい気持ちになることがある。だから、そういう感覚がすごい好きで、その思いを曲にしました。

―歌詞と異なり「カゼニフカレテ」というタイトルがカタカナである理由は?

 ないんです。理由を付けるとすれば、僕が日本語をカタカナで表記するときは、うまく伝わらない距離を表していることが多いんです。この曲でいうと歌詞の中では、その瞬間“風に吹かれる”ことを、この曲自体では思い出やノスタルジーを表現しているので、タイトルはカタカナなのかなって思います。

―先日までツアーをされていましたが、ツアー中に何か心掛けていたことは?

 ツアー中は結構食事制限をしているんです。僕すごく太りやすいので。

―全然そんなふうに見えませんよ。

 着痩せするんですよ。中身は大変なことになっている(笑)。

―好きな食べ物は何ですか。

  ツアー中に体調を崩した時に、牛肉を食べろと言われたんです。そうしたらあらためて、お肉っておいしいなって思って、最近お肉が好きです。10代、20代前半のときは、お肉しか食べなかったんですけど、だんだんお肉がしんどくなってきて、魚の方が好きになってきて、だからもっぱら魚ばっかりだったんですけど、また焼き肉にも行くようになりました。

―休みの日は何をしていますか。

  釣りをしていますね。夜中にすごく行きたくなるんですよ。交通量の多い時間に運転するのが嫌で、道路がすいている時間にしか運転したくないんです。だから、夜12時を過ぎてから出て、朝の混む時間の前には帰ってきます。僕はルアーを使うのですが、えさ釣りと違って、待っている時間はなくてずっと動いているんです。だから、あっという間に4、5時間たちます。

―釣りの最中、突然、いいフレーズを思いついたときはどうしますか。

 そういう時は携帯に録音したり、詞をメモしたりします。釣りに限らず外出している時にいいフレーズを思いついたら、それで帰ってきちゃうこともあります。このアイデアがヤバいぞって思ったら、早く曲を作りたくなるんです。

―コンサートでは、清水さんの服装をまねしている男性ファンもいるそうですが、最近気になるファッションは?

  実はあんまり興味がないんですよ、苦手というか、好きは好きなんですけど、そこに対して自信はなくて、自己満足だけでやっているので、ファッションアイコンみたいな見られ方をすると恥ずかしくなってくるというか、怖くなってくるというか。

―買い物は好きですか。

  買い物はネットで買うのがほとんど。実際にお店に行って買うことは1年で5回もないです。上級者になってくると、その写真の雰囲気で分かるようになるんですよ(笑)。写真の発する雰囲気で、試着しなくてもサイズが分かります。

―年末から年始にかけて計画されていることはありますか。

  年末年始って毎年楽しみにしていて、クリスマスから年始までって1年で一番好きな時期なんです。ハッピーだし、時間の流れがすごくゆっくりしていて。毎年、大勢の仲間と集まって、僕の家でみんなで年を越しています。元日からは、大阪の家族を呼びますね。

―最後に、音楽活動での来年の抱負を聞かせてください。

 前回がベストアルバムだったので、これからが第2章のスタートという感じがあります。ものすごい名盤を出したいなと思っています!

 

ニューシングル「花束のかわりにメロディーを」通常版

ニューシングル「花束のかわりにメロディーを」通常版

ニューシングル「花束のかわりにメロディーを」通常版
10/28リリース
(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
1300円(税込)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top