【映画コラム】地元密着型のものづくり映画『あしやのきゅうしょく』『吟ずる者たち』

2022年3月3日 / 07:15

『あしやのきゅうしょく』(3月4日公開)

(C)2022「あしやのきゅうしょく」製作委員会

 自校式給食や栄養士によるオリジナルメニューの展開といった学校給食への取り組みが注目されている兵庫県芦屋市を舞台に、新米栄養士の奮闘を描く。監督は芦屋市出身で、『ママ、ごはんまだ?』(16)の白羽弥仁。芦屋市の市政80年記念映画でもある。

 芦屋の小学校に赴任した新人栄養士・野々村菜々(松田るか)は、退任するベテラン栄養士(秋野暢子)から給食のイロハを引き継ぎ、調理師たちと協力して給食の献立を作っていく。予算や子どものアレルギーなど、さまざまな問題に対処しながら、おいしい給食を食べてもらおうと奮闘する菜々だったが…。

 この映画のキーワードは「食べることは生きること」。給食が作られるに当たって、栄養士や調理師たちが、いかに奮闘努力をしているのかを知らしめる効果がある。その意味では、映画は架空の話だが、ドキュメンタリー的な要素もある。

 そして、こうした地元密着型の映画で出演者が苦労するのは言葉の問題だ。主演の松田は沖縄出身だけに、インタビューで、「確かに言葉の違いは大きかったです。スムーズに出てこなければいけないですし、少しでも言葉を間違えたら一気に説得力がなくなってしまうのでなかなか大変でした。白羽監督が芦屋のご出身なので、こまめに確認をし合いながら、進めていきました。完成した映画を見て、言葉に関しては、すごく下手ではなかったかなと思いました」と明かしている。

 その半面、実際に芦屋の小学校に通う子どもたちと“共演”したことで、彼らから地元に関するいろいろなことを聞き、関西弁も学ばせてもらったという。こうしたことも地元密着型の映画の利点であろう。

 さて、最近は、この映画や、広島の酒造りを題材にした『吟ずる者たち』など、地方自治体のPRを兼ねて製作される映画が増えてきた。また、給食映画といえば、市原隼人主演の『劇場版 おいしい給食』シリーズもある。こちらは給食を食べる側から描いたコメディーだが、給食つながりで見比べてみるのも一興だ。

 
  • 1
  • 2

amazon

page top