「推しの王子様」“泉美”比嘉愛未が波乱の展開に 「キスを避けられるディーン様に胸が痛む」

2021年9月17日 / 12:17

光井と別れ、退社する道を選んだ“泉美”比嘉愛未 (C)フジテレビ

 比嘉愛未が主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)の第10話が、16日に放送された。

 本作は、乙女ゲームを手掛ける企業の社長・日高泉美(比嘉)が、ゲーム内に登場する“推しキャラクター”のケント様に外見がそっくりな航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てる物語。(※以下、ネタバレあり)

 泉美の会社「ペガサス・インク」は、十蔵(船越英一郎)が率いる大手メーカー「ランタン・ホールディングス」の傘下に入った。

 ペガサスには、ランタン側からやってきた小島(竹森千人)が統括部長として企画開発に加わり、光井(ディーン・フジオカ)や航らは、ランタン側からの一方的な要求に翻弄(ほんろう)される。

 そんな中、泉美は十蔵から提案された『銀河のラビリンス』のコンシューマーゲーム化を目指した大事なプレゼンの場で、失態を犯してしまう。

 泉美は、光井や航ら、ペガサスのスタッフたちに迷惑を掛けてしまったことに苦しみ、乙女ゲームへの情熱も失い、「ペガサスを辞める」という結論を出す。

 そして、泉美は社員たちに退社を告げ、交際を始めたばかりの光井にも別れを告げる。航は泉美を追って彼女の自宅へと走るが、そこはすでに、もぬけの殻になっていた。

 放送終了後、SNS上には、「ミッチー(光井)と泉美ちゃん、めっちゃお似合いだったのに、つらい展開」「キスを避けられるディーン様を見ていると胸が痛む」「ディーン様の『俺じゃ、君の支えにならないのか』ってせりふが泣けた」「ミッチーも泉美が航のことを忘れられないと気付いて頑張っていたんだろうけど、悲しい」などのコメントが投稿された。

 また、次週の最終回について、「ズタボロの泉美ちゃん、最後は航と幸せになってほしい」「泉美ちゃんは、まずは休養が必要だね。波乱だったけれど、最終回はハッピーエンドになりますように」「最終話まで、泉美ちゃんを応援します。ミッチーとアリス(瀬戸利樹)も幸せになってほしい」といった声も寄せられた。

“光井”を演じるディーン・フジオカ (C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

マツコ「朝はちゃんと白米を食べなきゃ駄目よ」 北海道の鈴木知事は「国政のお尻」

CM2021年10月18日

 令和3年度北海道米「新米発表会」が18日、東京都内で行われ、タレントのマツコ・デラックスが登場した。  新CMは、リアルなアニメーションで描かれたマツコが音楽に合わせてキレのいいダンスを披露する中、実写のマツコが現れ“一人合いの手”を入れ … 続きを読む

田中圭「ムキムキになり過ぎないように筋トレをしている」 心が休まるアイテムは「オーダメード枕」

CM2021年10月18日

 山形米「雪若丸」新CM発表会が18日、オンラインで行われ、俳優の田中圭が出席した。  「雪若丸」のイメージキャラクターを務めて4年目となる田中は、「CM撮影の日が毎年楽しみ。この日は、朝ご飯は食べずに行くのですが、撮影でたらふく食べられる … 続きを読む

「真犯人フラグ」第2話 犯人予想の考察が過熱 「田中哲司と迫田孝也が演じる友人も怪しい」

ドラマ2021年10月18日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第2話が、17日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまった真面目なサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目=真犯人フラグを立てられ、追い詰 … 続きを読む

「二月の勝者」“黒木”柳楽優弥が「最高だった」 「中学受験に関する名言が刺さりまくった」

ドラマ2021年10月18日

 柳楽優弥が主演するドラマ「二月の勝者」(日本テレビ系)の初回が16日に放送された。  本作は、激変する受験界に舞い降りた最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)の姿を描く、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。(※以下、ネタバレあり) … 続きを読む

「日本沈没」第2話「世界観に浸ってしまった」 関東沈没シミュレーションに「怖い」と衝撃

ドラマ2021年10月18日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第2話が、17日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曽有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿 … 続きを読む

amazon

page top