「推しの王子様」“泉美”比嘉愛未が波乱の展開に 「キスを避けられるディーン様に胸が痛む」

2021年9月17日 / 12:17

光井と別れ、退社する道を選んだ“泉美”比嘉愛未 (C)フジテレビ

 比嘉愛未が主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)の第10話が、16日に放送された。

 本作は、乙女ゲームを手掛ける企業の社長・日高泉美(比嘉)が、ゲーム内に登場する“推しキャラクター”のケント様に外見がそっくりな航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てる物語。(※以下、ネタバレあり)

 泉美の会社「ペガサス・インク」は、十蔵(船越英一郎)が率いる大手メーカー「ランタン・ホールディングス」の傘下に入った。

 ペガサスには、ランタン側からやってきた小島(竹森千人)が統括部長として企画開発に加わり、光井(ディーン・フジオカ)や航らは、ランタン側からの一方的な要求に翻弄(ほんろう)される。

 そんな中、泉美は十蔵から提案された『銀河のラビリンス』のコンシューマーゲーム化を目指した大事なプレゼンの場で、失態を犯してしまう。

 泉美は、光井や航ら、ペガサスのスタッフたちに迷惑を掛けてしまったことに苦しみ、乙女ゲームへの情熱も失い、「ペガサスを辞める」という結論を出す。

 そして、泉美は社員たちに退社を告げ、交際を始めたばかりの光井にも別れを告げる。航は泉美を追って彼女の自宅へと走るが、そこはすでに、もぬけの殻になっていた。

 放送終了後、SNS上には、「ミッチー(光井)と泉美ちゃん、めっちゃお似合いだったのに、つらい展開」「キスを避けられるディーン様を見ていると胸が痛む」「ディーン様の『俺じゃ、君の支えにならないのか』ってせりふが泣けた」「ミッチーも泉美が航のことを忘れられないと気付いて頑張っていたんだろうけど、悲しい」などのコメントが投稿された。

 また、次週の最終回について、「ズタボロの泉美ちゃん、最後は航と幸せになってほしい」「泉美ちゃんは、まずは休養が必要だね。波乱だったけれど、最終回はハッピーエンドになりますように」「最終話まで、泉美ちゃんを応援します。ミッチーとアリス(瀬戸利樹)も幸せになってほしい」といった声も寄せられた。

“光井”を演じるディーン・フジオカ (C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

「季節のない街」「キャッツを超えた!」「訳分からんパワーがすごい」

ドラマ2024年4月20日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第三話「半助と猫」が、19日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

ドラマ2024年4月19日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

Willfriends

page top