黒川智花「何回も全力疾走をしてすごい筋肉痛になりました」 「遺留捜査」でテレビ局の報道記者を演じる

2014年8月4日 / 14:52

 スペシャルドラマとして帰ってくる「遺留捜査」で、犯人と接触するテレビ局の報道記者・倫子を演じる黒川智花。清らかで柔らかなイメージを持つ彼女だが、最近挑戦したバラエティー番組では驚きの一面が明らかに!? 女優として、大人の女性として輝きを増す彼女に話を聞いた。

 

写真◎かしわだにたかし

―「遺留捜査」の撮影現場はいかがでしたか。

  連続ドラマのときに違う役柄で出演したことがあって、上川隆也さんが「お帰りなさい」と言ってくださったのがとてもうれしかったです。上川さんには10代のころからお世話になっているので、安心して参加できました。

―演じた倫子はどのような人物ですか。

  倫子はずっとリポーターを目指してきて、やっとその願いがかなったので、仕事中もとにかく真面目なんです。仕事に対して熱心でミスもしないような人なので、テキパキと仕事ができる女性というのをイメージして演じました。あとは、やはり滑舌が良く、分かりやすく情報を伝えないといけないので、いつも以上にせりふの練習はしました。

―撮影で大変だったシーンはありますか。

 リポーターとしてバリバリ働く役だと思っていたんですけど、途中から事件に巻き込まれちゃうんですよ。犯人に追いかけられるシーンでは、何回も全力疾走をしてすごい筋肉痛になりました(笑)。

―最近では、「プレバト!!」(TBS系、8月7日放送)など、バラエティー番組にも参加されていますね。

  そうなんです! なかなかバラエティーって出たことがなかったので「プレバト!!」の収録前はすごく緊張していたんですけど、浜田雅功さんが「大丈夫か、頑張れよ」って言ってくださって、とてもほっとしました。

―収録では浜田さんからかなりキツい突っ込みを受けたとか!?

 そうですね(笑)。でも面白かったです。ドラマでは役によっていろんなイメージを持たれるけど、“素”は隠しようがないじゃないですか。だから、ありのままでやるしかないなと思って挑戦しました。役のイメージを持たれるのはうれしいけど、私はそういう子じゃないよっていうところも見せていけたらいいなと思って。バラエティーは楽しいので、機会があればまた挑戦したいです。

―8月1日に25歳のお誕生日を迎えられましたが、今年の目標は。

  デビューしてから10年以上このお仕事を続けてきて、いろんな役をやらせていただいていますが、もっと癖のある役をやってみたいです。女優という職業に対してはいろんな欲があります。今まで通り自分を磨いて、いろいろなことに挑戦していきたいです。

―25歳になり、新たに見せていきたい一面はありますか。

  私をよく知っている人たちからは「素が面白いね」って言われることが多いので、そういう、ちょっと抜けているところとかも見せていけたらいいですね。普段は「しっかりしなきゃ」と思っているんですけど、撮影以外ではドジなところもあるので(笑)。バラエティーだったらそういうところも良しとしてくれるので、真面目じゃない、抜けた部分も見てほしいです。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

page top