【インタビュー】瀬戸康史、俳優デビュー10年目「死ぬまで続けたい」 NHK戦後70年大型ドキュメンタリードラマ「玉音放送を作った男たち」で熱演

2015年7月30日 / 16:51
瀬戸康史

瀬戸康史

 日本の敗戦を昭和天皇自らが語り掛けた玉音放送をテーマとしたドラマ「玉音放送を作った男たち」が、8月1日にNHK BSプレミアムで放送される。

 玉音放送のプランを着想し、それを阻止しようとする反乱軍と相対しながらも、昭和20年8月15日の放送を死守した情報局総裁・下村宏(柄本明)。本作は、下村と共に歴史的な放送を作った男たちの一部始終をドキュメンタリーで描く。 

 NHKの第1期アナウンサーで、天皇の玉音放送後にあらためてその内容の解説放送を行った和田信賢役を演じるのは瀬戸康史。重要な役どころを演じた感想や見どころを熱く語った。

―今回の役を演じた感想を教えてください。

 今まで時代劇もやってきましたけど、この作品は戦後70年という割と近い時代の話だったので、反対に難しかったですね。和田さんは実在の方で、奥様も娘さんもお元気でいらっしゃるので、自分なりに勉強して演じました。

―アナウンサー役ですが、演じる上で気を付けたことは?

 アナウンサーはどこか声に統一性がある人が多いような印象があったのですが、僕は声が低いので、この声のままアナウンサーらしくと、あまりご本人の声にとらわれずに演じました。玉音放送の詔書を読み上げるシーンが、いちばん苦労しました。気持ちが入り過ぎても、国民に情報として入ってこないところもあるでしょうし、伝え方を考えました。最後は、ノーカットで長く読み上げるシーンを撮りましたね。

―和田信賢氏とご自身の性格で似ているところは?

NHKのアナウンサー、和田信賢役

BSプレミアム「玉音放送を作った男たち」ではNHKのアナウンサー、和田信賢役を務める

 さまざまなことに興味があったところです。和田さんは、アナウンサーという職業に対しての思いが強くて、報道でニュースを読んだり、相撲の中継をしたり、朗読といった声の仕事に積極的に、ストイックに取り組んでいて、「声優」というジャンルを作り上げたような方だったので。

―瀬戸さん自身は今、どんなことに興味がありますか?

 役者として演じるだけじゃなくて、今、絵も描いています。表現者として、そういった違う形で皆さまに僕の思いを見ていただく方法に興味がありますね。

―反対に、和田信賢氏と自分が似ていないという部分は?

 和田さんは、その当時、軍のやり方が違うと声を挙げていた人だったのですが、僕はもし同じ立場にいたら絶対に流されてしまうタイプだと思うので、そういう点は違うな、尊敬すべきところだなと思いました。

―共演者の方とのエピソードを教えてください。

 撮影期間が1週間ぐらいしかなかったんですけど、高橋一生さんと仲がいいのでよく話をしました。柄本明さんは久しぶりにお会いしたんですが、「おはようございます」ってあいさつしたら、柄本さんの第一声がなぜか「ラッスンゴレライ」で(笑)。「ラッスンゴレライ」って言いながら僕の方に近づいてきて…。あの日はずっと言ってましたね(笑)。

―撮影期間が短かった分、役作りも大変だったのでは?

seto03-001

共演は柄本明、原田美枝子ほか

 その撮影期間は、ドラマとかを3本抱えていたんですけど、僕としては短期集中で全部100パーセントでやり切りました。

―多忙な中、せりふはどうやって覚えますか?

 家で本当に何度も声に出して読んだりして、覚えています。

―息抜きになっていることは?

 僕はストレスを感じない体質なのか、息抜きがほしいというのもないんですよね。でも今は(連続ドラマ「エイジハラスメント」で)共演中の竹中直人さんや杉本哲太さんなどベテランの役者さんたちと飲みに行くのが、息抜きになっているかもしれません。

―休みの日は何をしていますか?

 休みはちょこちょこあるんですけど、せりふを覚えたり、映画の公開や一人芝居のイベントが近いので、その打ち合わせをしたり、仕事関連のことをしています。

―終戦70年を記念したドラマですが、この作品を通して瀬戸さんが伝えたいことは?

 玉音放送を作った人たちがいたということ、放送に至るまでに大変な苦労があったことが、作品中に描かれているので、そこを見てほしいです。戦争を経験した方が少なくなってきているので、戦争を経験した国の国民として、ドラマを通して何か思うところはあると思いますし、絶対に忘れてはいけないことなんだなと思いますね。多くの人に見てほしいです。

瀬戸康史

1988年5月18日生まれ、福岡県出身

―デビューから10年を迎えられた瀬戸さんですが、あらためて思うことはありますか?

 役者として10年できたことは自分でも驚きで、あっという間だったなと思います。10年続けられていることに感謝するのと、まだまだこれからなので、今後もずっと役者を続けていければと思います。僕の周りでは、20代後半ぐらいでいろいろな事情で役者を辞めて違う道に行く人が多かったので、続けられるというのは、いろんな要素が合わさってできていることだと思いますし、今後も死ぬまで役者を続けていくことが目標です。

―10月は主演舞台Dステ「夕陽伝」も上演されますね。

 はい、日本の古い物語「古事記」をベースに作られた作品です。僕が演じるのは、王族の家系の長男で、これから王にならなきゃいけないという運命を背負っているんですけど、それから逃れるように自由に生きているタイプで、弟とぶつかり合ったり、幼なじみの女性と恋愛関係になるのか?みたいなこともある役どころです。

 それから殺陣もあるので、個性豊かな人物たちの思いが一振り一振りに表れるような殺陣ができればいいなと思っています。

―今年も上半期が終わりましたが、下半期の目標は?

 下半期は、舞台と映画が公開されますし、いろんな瀬戸を見ていただきたいです。若い人たちにも舞台を見に来てもらって、生ものの良さを感じてほしいって思います。

 

【作品情報】
ザ・プレミアム 戦後70年ドキュメンタリー・ドラマ「玉音放送を作った男たち」
NHK BSプレミアム 8月1日午後7時30分~9時

Dステ17th「夕陽伝」
10月22日~11月1日 サンシャイン劇場
11月21日~22日 森ノ宮ピロティホール

取材&テキスト:小宮山あきの
撮影:金田 誠

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top