上白石萌歌」に関連する18件の記事

「ヒトラーをどう撮るべきか、悩みました」大根仁(演出)「東京がオリンピックを返上する流れを、できるだけ正確に」訓覇圭(制作統括)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年9月27日

 日本のオリンピック史上、最も有名なベルリンオリンピックの「前畑がんばれ!」のシーンが再現された第36回。日本中の声援を受けたその力強い泳ぎに心動かされた視聴者は多いに違いない。その一方で、ナチスが主導する強い重苦しい空気やヒトラーの登場に、複雑な思いも抱・・・続きを読む

上白石萌歌が音楽活動を本格始動、野田洋次郎による映画『ナラタージュ』主題歌を歌っていた

音楽ニュース2019年9月6日

 上白石萌歌が、adieu(読み:アデュー)名義での音楽活動を本格始動する。  これまで、2016年末よりKIRIN『午後の紅茶』CMシリーズや、<NHK>2020応援ソング「パプリカ」をNHKオフィシャルでカバー、大阪・FM802の春のキャンペーンソングへの参加など、演技のみならず、・・・続きを読む

「今までミュージシャンとして培ったものを生かして一生懸命、アナウンサーを演じているところです」トータス松本(河西三省)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年8月11日

 開幕したロサンゼルス五輪でメダルラッシュの快進撃を見せる日本水泳陣。日本国内にその喜びを伝えたのが報道陣だ。だが、当時のスポーツ報道は発展途上で、さまざまな苦労が伴った。第30回では、現場で見た競技の様子を、あたかも目の前で行われているようにラジオ局のス・・・続きを読む

【芸能コラム】オリンピックに挑む熱血ドラマだけではない物語の魅力 「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

コラム2019年5月1日

 前半の山場、ストックホルム編を終え、新たなステージに入った大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。時代は明治から大正に移り、次のオリンピックに向けて動き出した金栗四三(中村勘九郎)だったが、予定されていたベルリンオリンピックが中止との報・・・続きを読む

上白石萌歌、伝説のスイマー役で「7キロ増量」 大河ドラマ「いだてん」新キャスト発表

TOPICS2019年4月24日

 NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たな出演者発表&スタジオ取材会が24日、東京都内で行われた。新キャストとして、斎藤工、林遣都、三浦貴大、大東駿介、皆川猿時、上白石萌歌、トータス松本が、第2部の主人公・田畑政治を演じる阿・・・続きを読む

aikoが担当する『FM802 × TSUTAYA ACCESS!』キャンペーン参加シンガー決定

音楽ニュース2019年3月30日

aikoが作詞・作曲を担当する『FM802 × TSUTAYA ACCESS!』キャンペーンソング、「メロンソーダ」の参加シンガーが発表された。 音楽で新生活を応援する春のキャンペーン『FM802×TSUTAYA ACCESS!』では、毎年アーティストが多数参加するオリジナルキャンペーンソングが制作さ・・・続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

インタビュー2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡る家族の物語をイマジネーション・・・続きを読む

中条あやみの“絵心”披露に観客があぜん 共演者も「画伯にもほどがある」

TOPICS2018年9月15日

 映画『3D彼女 リアルガール』の公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろう、濱田マリ、竹内力と英勉監督が登壇した。  本作は、リア充美女のヒロイン五十嵐色葉(中条)と、2次元・・・続きを読む

上白石萌歌、黒木華へ“憧れ”  「こういう女性を目指していきたい」

TOPICS2018年8月8日

 映画『未来のミライ』大ヒット舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌歌と黒木華が登壇した。  本作は、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹の“ミライちゃん”が織り成すちょっと変わった「きょうだい」の物語。  主人公・・・続きを読む

【映画コラム】家族の絆について改めて考えてみたくなる『未来のミライ』

ほぼ週刊映画コラム2018年7月21日

 細田守監督のアニメーション映画最新作『未来のミライ』が公開された。  4歳の男の子くんちゃん(声=上白石萌歌)に妹ができる。ところが、両親(星野源、麻生久美子)の愛情を妹に奪われたと感じたくんちゃんは、ミライと名付けられた妹の存在を素直に受け入れ・・・続きを読む

黒木華「親の強さに『ありがとう』って…」 “家族愛”を感じる瞬間は実家に帰った時

TOPICS2018年7月21日

 映画『未来のミライ』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子と細田守監督が浴衣姿で登壇した。  本作は、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹の“ミライちゃん”が織り成すちょっと・・・続きを読む

上白石萌歌、細田監督の絶賛の言葉に「泣きそう」 星野源、自身の楽曲をちゃっかりPR

TOPICS2018年6月26日

 映画『未来のミライ』のジャパンプレミアが25日、東京都内で行われ、細田守監督と声優を務めた上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子が舞台あいさつに登壇した。  本作は、細田監督にとっては『バケモノの子』以来3年ぶりの新作アニメーション映画。4歳の男の子く・・・続きを読む

史上初!新宿御苑で映画上映 山崎賢人「緑の向こうにビルが見えて不思議」

TOPICS2018年5月28日

 映画『羊と鋼の森』の“森を感じる試写会”が28日、東京都内の新宿御苑で行われ、出演者の山崎賢人、鈴木亮平、上白石萌音、萌歌姉妹、三浦友和、橋本光二郎監督が参加した。  ピアノ調教師の主人公が、北海道の森で生まれ育ったという映画の設定から、野外試写会が企画・・・続きを読む

山崎賢人「とても光栄な時間でした」 天皇皇后両陛下と主演作を鑑賞

TOPICS2018年5月25日

 映画『羊と鋼の森』の特別試写会が24日、東京都内で行われ、天皇皇后両陛下が鑑賞された。試写会には主演の山崎賢人、出演した上白石萌歌、橋本光二郎監督、原作者の宮下奈都氏、エンディング・テーマのピアノ演奏を担当した辻井伸行氏も出席した。  本作は、2016・・・続きを読む

阿部顕嵐、気を抜くと出てしまうくせを告白  上白石萌歌とは稽古以外でも“キキ”と“トンボ”を意識

TOPICS2017年6月2日

 ミュージカル「魔女の宅急便」公開舞台稽古が1日、東京都内で行われ、出演者の上白石萌歌、阿部顕嵐、岩崎ひろみ、横山だいすけ、藤原一裕(ライセンス)、白羽ゆりが出席した。 本作は、1989年にスタジオジブリによってアニメーション映画化もされた、角野栄子氏に・・・続きを読む

『魔女の宅急便』が舞台化 キキ役に上白石萌歌

音楽ニュース2017年2月10日

 日本のみならず世界中で親しまれている作品『魔女の宅急便』が、今年2017年新たに舞台化が決定し、キキ役に上白石萌歌、トンボ役に阿部顕嵐(ジャニーズJr.)が演じることが分かった。  原作『魔女の宅急便』は児童文学作家・角野栄子氏が1982年~2009年の27年間に渡り執・・・続きを読む

「午後の紅茶」新CMに上白石萌歌が出演 Charaの楽曲で心温まる歌声を披露

TOPICS2016年12月6日

 「キリン 午後の紅茶」の新TV-CM「あいたいって、あたためたいだ。」篇に、現役女子高校生の女優・上白石萌歌が起用された。CMでは高校生カップルの純粋な恋心が描かれ、上白石はCharaの楽曲「やさしい気持ち」の歌詞に乗せて美しい歌声を披露している。 舞・・・続きを読む

柏木ひなた、ライブ中に「頭の中が真っ白に」 自身の“脳漿炸裂”エピソードを告白

TOPICS2015年7月25日

 映画『脳漿炸裂ガール』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の柏木ひなた(私立恵比寿中学)、竹富聖花、上白石萌歌、岡崎紗絵、志田友美(夢みるアドレセンス)ほかが登壇した。  本作は、関連動画再生回数4千万回を超える大ヒット・ボーカロイド楽・・・続きを読む

  • 1

page top