ブルース・リー」に関連する件の記事

【映画コラム】タランティーノのハリウッドへの偏愛に満ちた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ほぼ週刊映画コラム2019年8月27日

 クエンティン・タランティーノ監督が虚実を入り乱れさせながら1969年のハリウッドを描いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日から公開される。  本作は、もし、1969年のロサンゼルス(ハリウッド)に、落ち目のテレビ西部劇スターのリッ・・・続きを読む

唐沢寿明、現役早大生に恋愛指南 「誠実にやればいずれ伝わる」

TOPICS2015年11月24日

 終戦70年特別企画映画『杉原千畝 スギハラチウネ』早稲田大学 大隈記念講堂試写会が24日、東京都内の同所で行われ、出演者の唐沢寿明、小雪とチェリン・グラック監督が出席した。  本作は、第2次世界大戦中、赴任地のリトアニアでユダヤ難民にビザを発給し、60・・・続きを読む

唐沢寿明「芸能界でブルース・リーを目指す」 『イン・ザ・ヒーロー』舞台あいさつに登場

TOPICS2014年9月6日

 映画『イン・ザ・ヒーロー』の初日舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の唐沢寿明、福士蒼汰、和久井映見ほかが登場した。  本作は、危険なヒーローアクション映画に挑む日本一のスーツアクターの物語。  唐沢は「この映画は人間ドラマがあって、ストーリー・・・続きを読む

【『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』インタビュー】土屋太鳳 「操の心情がアクションに出るように頑張った」

インタビュー2014年7月22日

 激動の幕末を刀一本で生き抜き“人斬り抜刀斎(ばっとうさい)”と呼ばれた伝説の男・緋村剣心(佐藤健)を描き、大ヒットを記録した『るろうに剣心』。シリーズ完結作となる『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』が2部作連続で8月1日と9月13日・・・続きを読む

【映画コラム】 ブルース・リーの師匠イップ・マンが登場する『グランド・マスター』

ほぼ週刊映画コラム2013年5月25日

 歴史カンフーアクション大作『グランド・マスター』が31日から全国公開される。  本作は、『恋する惑星』(94)、『天使の涙』(95)、『ブエノスアイレス』(97)などで知られるウォン・カーウァイ監督が、中国の伝説の武術家・葉問=イップ・マンに関する実話を基に・・・続きを読む

  • 1

page top