永作博美「盗もうと思ったけど無理だった」 佐々木蔵之介の“お笑い”のタイミングに感嘆

2015年3月24日 / 20:11

 (左から)高橋周平、佐藤仁美、佐々木蔵之介、永作博美、前田弘二監督

 映画『夫婦フーフー日記』の完成披露上映イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、前田弘二監督が登壇した。

 本作は、長年友人同士だった男女が出会って17年目に結婚、その後、妊娠とともに妻のがんが発覚した実在の夫婦の闘病ブログから生まれた。映画では亡くなったはずの“ヨメ”が“ダンナ”の前に現れるという設定が加えられている。

 “ダンナ”を演じた佐々木は「まさにフーフー言いながらの闘病なのですが、ただ単に悲しい、苦しい、絶望ではなくて希望にあふれた物語だったので、ぜひ参加したいと思った」と脚本が出演の決め手になったことを告白した。

 “ヨメ”役の永作も「脚本が本当に面白かったんです。笑ったり泣いたり驚かされたりと、こんなに“忙しい台本”はないなというぐらい感情を揺り動かされて…。ぜひ出たいと思いました」と振り返った。

 劇中にはめおと漫才のような爆笑ものの“ボケ”と“突っ込み”が満載。その練習について聞かれた関西出身の佐々木は「永作さんとの共演は10年ぶりだったけど何も打ち合わせていない。台本に書かれたままをやっただけ」と明かした。

 一方、永作は「生粋の関西人の佐々木さんがいてくれてすごく助かった。どこかで佐々木さんから(お笑いの)タイミングを盗もうと狙ってはみたけど無理でした」と残念がったが、佐々木は「そんな必要ないでしょ。永作さんのキャリアにそんなことは要らない」と返した。

 映画は5月30日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

出川哲朗、ベストジーニスト受賞に驚き 「交わることは永遠にないと思っていた」

授賞式2019年10月15日

 第36回「ベストジーニスト2019」発表会が15日、東京都内で行われ、「協議会選出部門」でタレントの出川哲朗、女優の長谷川京子、アーティストのE-girlsが選出された。  出川は、テレビ東京系の旅バラエティー番組「出川哲朗の充電させても … 続きを読む

杉浦太陽「奥さんの笑顔を大事にしてる」 ノンスタ石田「娘が生まれてから幸せしかない」

トレンド2019年10月15日

 「第9回 イクメンオブザイヤー2019授賞式」が15日、東京都内で行われ、受賞者でタレントの杉浦太陽、お笑い芸人の石田明(NON STYLE)、山根良顕(アンガールズ)ほかが登場した。 続きを読む

中島裕翔「感慨無量です」 ベストジーニストV3で殿堂入り

授賞式2019年10月15日

 第36回「ベストジーニスト2019」発表会が15日、東京都内で行われ、全国からの一般投票で選ばれる「一般選出部門」の「男性部門」にタレントの中島裕翔(Hey!Say!JUMP)、「女性部門」に女優の山本美月が選出された。  12万6853 … 続きを読む

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

トレンド2019年10月11日

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top