藤原竜也が連ドラの“結末”を謝罪 岡田将生「“桃鉄”が最高の思い出」

2014年12月9日 / 20:37

 舞台あいさつを行った藤原竜也(左)と岡田将生

 『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』の完成披露試写会舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、岡田将生、志田未来、芦名星、窪田正孝、三宅弘城と佐藤東弥監督が出席した。

 警視庁内に設置された科学特捜班(ST)が難事件を解決していくSTシリーズ。チームリーダーの赤城左門を演じた藤原は「(連続ドラマは)赤城の逮捕という、もやもやした終わらせ方をしてすみません。自分でもなぜ捕まったか分かりませんが…」と語り、笑いを誘った。

 一方、“キャップ”百合根友久役の岡田は「一生懸命作った映画を今日見てもらうのが楽しみで、僕もワクワクしています」と笑顔を見せた。

 シリーズを通して最も思い出に残っていることについて藤原は「撮影中に飛び交う専門用語に苦労した。謎をひもといていくので長くしゃべらなくてはいけない。それなのに一言もしゃべらないで最後にかっこいいアクションで全てを持っていく、このSTは窪田くんのための作品です」と語った。

 岡田は「連ドラの1話が出来上がったとき、竜也さんの家で田中哲司さんと3人で見たんです。共演者の皆さんと一緒に見るということがなかったので。その後、大の大人3人が桃鉄(ゲーム「桃太郎電鉄」)をやりたいと言って、ドラマの感想も言い合わずにやりました。最高の思い出です。やっぱり先輩の家は立派だしすごいです。部屋が何個あるんだろうという感じ」と語って笑わせた。

 映画は2015年1月10日から全国東宝系でロードショー。


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top