風間俊介、主演映画で猫と共演! 「脳内がロックンロール」

2014年11月15日 / 14:41

 ヒロインを演じる松岡茉優

 風間俊介が主演する2016年公開の映画『猫なんかよんでもこない。』の撮影が3日、関東近郊で行われ、撮影現場で囲み取材が行われた。

 原作は、累計27万部を突破した杉作氏の同名漫画。実話を基にした猫と崖っぷちボクサーとの物語は、“大人が泣ける漫画”として注目を集めている。風間が演じるミツオの兄貴役をつるの剛士、ヒロインを松岡茉優が演じる。

 取材陣に公開されたのは、風間演じるミツオと松岡演じるウメさんが、公園でミツオと暮らす猫のチンとクロを膝に置きながら語り合うシーン。

 二人は日常感あふれるシーンを自然体で表現した。風間は猫たちとのコミュニケーションもしっかり取れている様子。演技中もスタンバイ中もごく自然に体をなでるしぐさは飼い主そのものだ。この日から参加した松岡は、メスのチンのかわいさにメロメロのようで、膝に乗せたまま話し掛けたり、あくびをするところを笑顔で眺めたりしていた。

 撮影も終盤に入ったが、風間は「今日はこんなに穏やかな現場ですが、猫に怒る芝居で、猫がビビってしまって泥沼にハマったこともあります。普段はずっと部屋の中で猫と一緒なので、本当に一緒に住んでいるみたい。今日は、あいつら(猫)も、外に出て、“なんだこの展開は”って思っているんじゃないですかね」と語った。

 風間から「猫とすぐ打ち解けていたね」と声を掛けられた松岡は、「たぶん、女同士の何かが…」と言い、「じゃあ(オスの)クロとは?」と風間が突っ込むと、「クロを抱くシーンはないので…。この映画で私が男を抱くシーンはございません」と笑わせた。

 風間は「せりふを言っていても猫は予想外の動きをするんですが、頭の中で、この動きに対してリアクションを取るか、せりふを取るかを、0.001秒ぐらい、一瞬だけ迷う。脳内がロックンロールな感じです」と表現した。

 「ミツオは、仕事も家族も全部がなくなって猫だけが残る。杉作先生の原作の再現版を作るつもりはないですが、先生と話したときに『猫に寄り掛かっていた』と言っていて。その孤独やつらい状況が、手触りとして出せれば」と、役への思いと意気込みを語った。


芸能ニュースNEWS

「知ってるワイフ」恐妻から激変の広瀬アリス 「かわい過ぎて私が幸せにしてやりたい」

ドラマ2021年1月15日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第2話が、14日に放送された。  謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22(2010)年の500円硬貨で2度目のタイムワープを試みた剣崎元春(大倉)は、建石澪(広瀬アリス)と … 続きを読む

戸田恵梨香「重さと同時に喜びを味わっています」 「日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞

授賞式2021年1月15日

 過去1年間を通じて、最も輝いている人、最もジュエリーが似合う人を世代別に表彰する「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が14日、東京都内で行われ、30代部門で受賞した戸田恵梨香が出席した。  戸田は「素晴らしい賞を頂き、本当 … 続きを読む

横浜流星「女優の横浜流星です」 「日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞

授賞式2021年1月15日

 過去1年間を通じて、最も輝いている人、最もジュエリーが似合う人を世代別に表彰する「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が14日、東京都内で行われ、受賞者の横浜流星、森七菜、戸田恵梨香、小池栄子、斉藤由貴、田中美佐子、内田篤人 … 続きを読む

乃木坂46新内眞衣「全力で突っ走っていきたい」 「紀伊國屋ホール」改装前の最終公演でヒロイン役

舞台・ミュージカル2021年1月14日

 舞台「熱海殺人事件 ラストレジェンド ~旋律のダブルスタンバイ~」公開舞台稽古と舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の味方良介、荒井敦史、愛原実花、乃木坂46の新内眞衣、NON STYLEの石田明ほかが登場した。  紀伊國屋ホー … 続きを読む

菅野美穂&浜辺美波の母娘に「二大美女のドラマ」 「岡田健史も川上洋平もカッコ良さが増している」

ドラマ2021年1月14日

 菅野美穂が主演するドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、売れっ子恋愛小説家で一人娘を持つシングルマザーの水無瀬碧(菅野)と、オタクで非モテの大学生の娘・空(浜辺美波)のトモダチ母 … 続きを読む

page top