尾野真千子、14歳新人女優に恐縮  「私が彼女の大人役でいいのか…」

2014年11月12日 / 19:47

(前列左から)望月歩、富田望生、石井杏奈、藤野涼子、板垣瑞生、清水尋也、前田航基、(後列左から)成島出監督、尾野真千子、永作博美、佐々木蔵之介、夏川結衣、黒木華、宮部みゆき氏

 映画『ソロモンの偽証』の製作報告会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中学生キャスト7人と、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、尾野真千子、成島出監督、原作者の宮部みゆき氏が登壇した。

 本作は、クリスマスに起こった男子生徒の謎の転落死をきっかけに、生徒たち自らが“校内裁判”を開廷し、真実を明らかにしようとする姿を描いたミステリー。

 約1万人が応募したオーディションで主演に抜てきされ、役名と同じ名前で女優デビューすることとなった14歳の新人女優・藤野涼子は、「受かった知らせを聞いたときは、喜びより緊張、こんな大役を自分が務められるのかという不安でいっぱいだった」と振り返った。それでも「人のことをよく考える涼子の姿勢を私も普段から心掛けた」と徹底した役作りを明かし、役名デビューについても「この映画で役をもらった、その感情を忘れたくなかったから」と語った。

 そんな涼子の23年後を演じた尾野は、藤野について「とってもしっかりされている。私が大人役でいいのかと思った」と恐縮。リハーサルも見学したというが「まぁ、すごくて。本当に全身全霊で、うそをつくことなく真っすぐ役と向き合っているのを感じて、これは私も生半可な気持ちでやってはいけないと思った」と絶賛した。

 一方の藤野は、尾野に対して「初めてお会いしたときに、とてもきれいな瞳だなと思った。私も20年後、尾野真千子さんのようなきれいなカッコいい女性になりたいと思いました」と憧れのまなざしを向けた。

 映画は「前篇・事件」が2015年3月7日から、「後篇・裁判」は4月11日から全国公開。

 


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top