2015年もジャニーズ・ワールド開幕!  メーンキャスト15人が制作発表に出席

2014年10月30日 / 13:18

 「2015新春 ジャニーズ・ワールド」の制作発表が、29日、東京都内の帝国ホテルで行われ、出演者の佐藤勝利、中島健人、永瀬廉、平野紫耀、高橋海人、ジェシー、マリウス、岩橋玄樹、神宮寺勇太、橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一、錦織一清が出席した。

 はじめに佐藤が、「ジャニーズ・ワールドで伝えたいのは、平和の本当の意味。進化した舞台でなく、進化し続ける舞台をお見せしたい」とあいさつ。3度目の同作出演については「今年は緊張を抑えるのがうまくなっていると思う。要求されたことを全てやれるようになりたい」と述べた。

 「ご指名ありがとうございます」とオンエア中の主演ドラマにちなんだあいさつから始めた中島は、「常にファンの皆さんの笑顔を見たいということを意識している。来年は未年なので、ファンの皆さんのうれしい悲“めぇ~”を頂けたら」といい、未(ひつじ)年の記者へ「未年の魔法をあなたに」とメッセージを送るなど、この日も“健人節”全開だった。
 
 「インターナショナルな風を吹き込む」と紹介を受けたマリウスとジェシーは、それぞれ英語と、マリウスはドイツ語でもメッセージを披露。マリウスは「ジャニーズのパワーを世界中の人に届けたい」、ジェシーは「全力のステージをお見せしたい」と笑顔で語った。

 初演から「ジャニーズ・ワールド」に出演しているA.B.C-Zは、橋本が「お客さまにいいお年玉を差し上げられたら」、河合が「輝いている後輩に負けないようにしたい」、五関が「これぞジャニーズという舞台をお見せしたい」と語るなど、抜群の安定感を見せた。
 特別出演する錦織については、舞台で共演中の塚田が「次はエンターテインメントの作品なので、錦織さんのいろいろな面が見れると思うので楽しみです!」、戸塚が「以前共演させていただいたとき、本番中にもダメ出しをいただいて。ずっと見てくださっていて作品のことを考えている方なので心強いです」と共演エピソードを披露。錦織は、「A.B.C-Zは、僕に演出を上達させてくれる人たち。みんなには感謝の気持ちを持って接しています」と応えた。

 作品でやってみたいことを問われると、「より多くの人に見てもらって僕たちの存在を知ってもらいたい」(岩橋)、「アクロバットに力を入れたい」(平野)、「錦織さんとフライングで宙を舞いたい」(神宮寺)、「アメリカの昔の歌が自分の声に合っていたので、それを披露してみたい」(マリウス)とフレッシュな面々も抱負を語り、新たなるジャニーズ・ワールドに期待が高まる会見となった。

 公演は、都内・帝国劇場で2015年1月1日~27日まで。
 


芸能ニュースNEWS

五郎丸歩、日本代表に期待するのは「優勝」 間近に迫ったラグビーW杯に「興奮しています」

トレンド2019年8月16日

 「キッカー ベア カプセルコレクション」発表会が16日、東京都内で行われ、元ラグビー日本代表の五郎丸歩、女優の山崎紘菜が出席した。 続きを読む

タロン・エガートン「エルトンとの間に絆と友情が生まれた」 「魔法のような経験でした」

映画2019年8月16日

 映画『ロケットマン』ジャパンプレミアが15日、東京都内で行われ、主演のタロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督が登壇した。  本作は、伝説的ミュージシャンのエルトン・ジョンの半生を、『ボヘミアン・ラプソディ』のフレッチャー監督が描 … 続きを読む

八村塁「ドラフトされたときと同じぐらいうれしい」 ゲーム内にキャラクターとして登場

イベント2019年8月15日

 NBA公認バスケットボールゲームソフト「NBA 2K20」日本オフィシャルアンバサダー発表会が15日、東京都内で行われ、NBAワシントン・ウィザーズの八村塁選手が出席した。  ゲームのオフィシャルアンバサダーに就任した八村選手は「小さい頃 … 続きを読む

山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が恋愛観を披露 「親友と同じ人を好きになったら」に回答

映画2019年8月15日

 映画『二ノ国』公開直前・中高生限定スペシャルトークイベントが14日、東京都内で行われ、声優を務めた山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が登壇した。  高校生の青春や葛藤を描いた本作にちなみ、「自身の高校時代」について尋ねられた山崎は「何をやって … 続きを読む

田中圭と林遣都、お泊まりロケの思い出を語る 「平成最後の満月の夜だった」

映画2019年8月14日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』プレミアムトークイベントが13日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top