佐藤健、初の本格ラブストーリーに「恥ずかしかった」  三浦翔平ら劇中バンドが舞台あいさつでライブ

2013年11月20日 / 22:17

(後列左から)亀田誠治氏、森永悠希、吉沢亮、水田航生、浅香航大、小泉徳宏監督、(前列左から)相武紗季、大原櫻子、佐藤健、三浦翔平、窪田正孝、反町隆史

 映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の完成披露舞台あいさつ&ライブが20日、東京都内で行われ、佐藤健、三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、大原櫻子、吉沢亮、森永悠希、相武紗季、反町隆史、音楽プロデューサーの亀田誠治氏、小泉徳宏監督が出席した。

 漫画家・青木琴美の同名人気コミックを映画化した本作は、音楽業界を舞台に天才サウンドクリエーターの小笠原秋(佐藤)と天性の歌声を持つ16歳の女子高生・小枝理子(大原)による恋を描くラブストーリー。

 佐藤は「いよいよ、ついに映画が完成しました。やっと皆さんに届けられると思うとうれしいです」と笑顔を見せた。映像作品では自身初の本格ラブストーリーとあって「僕にとっても記念すべき日です。恥ずかしかったけど、ヒロインの理子ちゃんは映画が初めてで僕よりもっともっと記念すべき作品。それに出られたことがうれしいです」としみじみ語った。

 劇中では天才サウンドクリエーターゆえの屈折した性格を演じたが、その苦労を問われると「天才クリエーターはみんな屈折しているんです。多分、きっと」と持論を展開。亀田氏も苦笑交じりに同意し、佐藤は「亀田さんがスタジオで作曲しているところを固定カメラで撮り続けたものを見せていただきました」と徹底した役作りを明かした。

 プライベートでも佐藤と親交がある三浦は、「プライベートでも仲の良い彼と仕事ができてあらためてよかった」と共演を喜んだ。また劇中では超人気バンドのボーカルを演じ、実際にもバンドデビューが決まっているものの「CRUDE PLAY(“クリプレ”ことクリュードプレイ)は本当に売れていますが、僕たちは崖っぷちバンドです。この映画が売れないと解散してしまうかもしれない」と危機感を募らせ、笑いを誘った。

 舞台あいさつではスペシャルライブが行われ、三浦、窪田、水田、浅香が演じる、劇中の人気バンド・CRUDE PLAY、大原がボーカルを務める吉沢、森永とのバンド・MUSH&Co.がそれぞれ劇中歌を披露し、会場を盛り上げた。

 上演後には“サプライズ・アンコール”として佐藤が登場。公の場では初めて“ベーシスト”としてのライブパフォーマンスを披露し、劇中歌「卒業」を演奏した。

 映画は12月14日から全国東宝系でロードショー。

 

 


芸能ニュースNEWS

「極主夫道」“龍”玉木宏がスイーツカフェを開店 「スイーツの世界観が極道過ぎて笑った」

ドラマ2020年11月30日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第8話が、29日に放送された。  本作は、元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する様子を描く任侠コメディー。  今回は、龍たちが暮らす火竜町にスイー … 続きを読む

東啓介が初のソロコンサートを開催 「新たな自分を出していきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月30日

 東啓介1st Musical Concert「A NEW ME」が28日、東京都内で開催された。  「A NEW ME」は、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のアルフレート役、「ホイッスル・ダウン・ザ・ウインド~汚れなき瞳~」のエイモス役、「 … 続きを読む

「危険なビーナス」“勇磨”ディーン・フジオカに反響 「おディーンさまには勝てる気がしない」

ドラマ2020年11月30日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第8話が、29日に放送された。  伯朗(妻夫木)は、自宅に突然押しかけてきた牧雄(池内万作)から、康治(栗原英雄)が行っていた、脳の研究記録を見つけてほしいと頼ま … 続きを読む

白濱亜嵐、観客の前で「ぴえん」を実演 映画『10万分の1』初日舞台あいさつ

映画2020年11月30日

 映画『10万分の1』初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)、平祐奈、優希美青、白洲迅、奥田瑛二と三木康一郎監督が登壇した。  本作は、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を患った女子高生・ … 続きを読む

中村獅童、おおいた和牛をPR 「脂の乗り具合がちょうどいい」

イベント2020年11月27日

 隠れ家的名牛「おおいた和牛」推しプロジェクトPR発表会が27日、東京都内で行われ、歌舞伎俳優の中村獅童が登場した。  10月に「おおいた和牛PR隊長」に就任した獅童は「最初は正直、何で僕なんだろうと思いましたが、大分は旅行でたびたび訪れて … 続きを読む

page top