大泉洋が、劇団ひとりの物まねで会場を沸かす 柴咲コウ「劇団ひとりは超スーパー監督」

2014年4月14日 / 20:16

 (左から)柴咲コウ、マジックで縮められた劇団ひとり、大泉洋

 映画『青天の霹靂』のプレミア試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、柴咲コウ、原作・監督・脚本・出演の劇団ひとりが出席した。

 劇団ひとりが自身の小説を原作に監督デビューを果たした本作は、母に捨てられ父に先立たれた売れないマジシャン(大泉)が、雷に打たれたことをきっかけに40年前にタイムスリップし、若き日の父(劇団ひとり)とコンビを組んで人気マジシャンへの道を歩む中で明らかになる家族の真実を描く。

 大泉は劇中では吹き替えなしでマジックを披露した。「とんでもない量のマジックをやっていますよ。もうマジシャンと言ってもいい。でも、監督によく言われたのが『それが限界っすかね~?』という言葉。腹立つんですよ」と劇団ひとりの物まねを交えながら撮影を振り返り、会場を沸かせた。

 劇団ひとりは「大泉さんの“劇団ひとり物まね”がうまいと評判がいいんです。全然似ていないのに」と不満げな表情を浮かべた。それでも「冒頭のカードマジックはご本人の納得がいくまでやっていただいて、86テークまでいきました。あらためて大泉洋という役者の素晴らしさを感じました」と語った。

 柴咲は監督について「作品を撮るのが初めての監督は、やる側としても不安感があるのが正直なところ。でも撮影が始まったら無駄がないし、演出も素晴らしい超スーパー監督でした」と絶賛。

 唯一のクレームとして「とても人見知りで雑談が一切なかった」と明かすと、劇団ひとりは「初めての監督業以外でドキドキしたくなかった。柴咲さんは自分が思っている以上にきれいですから、男はドキドキするんです」と反論した。

 映画は5月24日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

「366日」“莉子”長濱ねるを守る“智也”坂東龍汰に絶賛の嵐 「智也、男を見せたな」「今日は智也が主役だ~っ!」

ドラマ2024年5月21日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  雪平明日香(広瀬)は、高校時代以降の記憶を取り戻すことのない水野遥斗(眞栄田郷敦)に寄り添いながら、クラリネット講師の道を歩 … 続きを読む

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

Willfriends

page top