櫻井翔、電車移動も全く気付かれず 「これを喜んでいいものなのか…」  

2014年3月21日 / 16:44

 櫻井翔と夫婦役を演じた宮崎あおい

 映画『神様のカルテ2』初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の櫻井翔、宮崎あおい、要潤、市毛良枝、深川栄洋監督が登壇した。

 本作は、櫻井が演じる若手内科医の栗原一止(いちと)が末期がん患者の心と向き合い成長していく姿を描いた『神様のカルテ』の続編。

 櫻井は「前作から、およそ2年。胸を張れるようなすてきな作品ができたと思います。最初は続編に参加することにちゅうちょがありましたが、見終わった後はしばしぼうぜんとしてしまうぐらい感動しました。エンドロールに自分の名前が刻まれ、台本で読んだシーンが彩られた映像となっているのを見て、本当に参加できて良かったと思いました」としみじみ語った。

 本作から出演した市毛が「(撮影現場で)一番リラックスされていたのが櫻井さん。うわ~、すごいな。主役ってこんなにのんびりしていてもいいんだと思いました」と話すと、櫻井は「そうですね。すみません、伸び伸びしてました…」と苦笑しつつ「もちろん前作に続くスタッフとの撮影だからということもありますが、新しいキャストの方のための“空気作り”でもあります」と釈明し、笑いを誘った。

 また“2度目を見るときに注目してほしいポイント”を聞かれた櫻井は「最後にタツ(藤原竜也)と(彼の家に子どもの)お誕生日のケーキを持っていくシーンがあるのだけど、そこのテレビの横に嵐のDVDが置いてある」と告白。「最初はあまりにも目立つところにあったので僕もさすがに作品にそぐわないと思って端の方によけてもらった。もしかしたら映っていないかもしれないけど…」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 さらに“自分が大切にしたいつながり”について尋ねられ「学生時代の先生方とのつながり」と答えた櫻井は「半年ほど前にも高校の担任の先生に会いに行った。そのときに初めて埼京線に乗って、車もいいけど時間が読める電車移動もいいなと思った。でも(そのときは)周囲の人に全く気付かれなかった。これを喜んでいいものなのか…」と振り返った。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波“学生たちの青春写真”に涙 「もっと楽しんでおけばよかった」

映画2020年8月14日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二と三木孝浩監督が出席した。  本作は、男女4人の高校生の恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。  劇中に登場する夏祭 … 続きを読む

石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」 がん患者と家族の物語に「涙腺やられた」

ドラマ2020年8月14日

 石原さとみが主演するドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の5話が、13日に放送された。本作は、患者のために奮闘する総合病院の薬剤師の活躍を描く。  今回は、主人公の葵みどり(石原)が見守るがん患者とその家族 … 続きを読む

長澤まさみ「まさか。本当にうれしい」 映画『コンフィデンスマンJP』第3弾製作決定

映画2020年8月14日

 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』大ヒット御礼舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、関水渚、ジャッキーちゃんと田中亮監督が登壇。小日向文世はリモートで出演した。  本作は、コンフィデンス … 続きを読む

観月ありさ、ヤンキーに絡まれた中学時代を回顧 「『おまえ、放課後に時計台に来いよ』とか…」

テレビ2020年8月13日

 女優の観月ありさ、鈴木蘭々が12日に放送されたバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。「〇〇な練馬女」をテーマにトークを展開した。  練馬区の大泉学園に住んでいたという観月は、中学時代を振り返り、「ヤンキーが多かっ … 続きを読む

浜辺美波&横浜流星「私たちはどうかしている」スタート 「美男美女過ぎて破壊力がエグい」

ドラマ2020年8月13日

 浜辺美波と横浜流星のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の初回が、12日に放送された。  本作は、15年前に老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が殺害された事件を巡り、憎み合うようになった七桜(浜辺)と椿(横浜)が、過酷な運命に … 続きを読む

page top