西島秀俊「もしかして愛する女性にだまされていた?」 「僕は痛いのとつらいのが好き」

2014年1月25日 / 16:22

 キム・ソンス監督(左)と西島秀俊

 映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』の公開記念舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、主演の西島秀俊とキム・ソンス監督が登壇した。

 本作は、司城志朗氏の『ゲノムハザード』を映画化。何者かに記憶を“上書き”された科学者が真実を探るアクションサスペンス。

 西島は一人二役を演じたことについて「脚本を読んですごく難しい役だと思ったが、挑戦したいという思いも強かった。(2人の)記憶が混ざっている役なので台本にメモをしたり、監督とも全シーンを細かくチェックしながら撮影した」と語った。

 さらに「監督が全然OKを出してくれなかった。『今の良かったよ。じゃあもう一回』と言われてしまう。どのテークも10~20回ぐらいは撮り直したのではないかな」と明かした。

 一方、キム・ソンス監督が、激しいアクションシーンについて「観客にこのハラハラドキドキ感を感じてほしいと西島さん本人が率先してやっていた。私はそれをいじめて楽しんでいた。西島さんの体内にはアクション俳優のDNAがある」と語ると、西島は「僕は痛いのとつらいのが好き。もちろん撮影でという意味だけど」と受けた。

 また、映画の内容から「もし天才科学者になれるとしたらどんな研究をしてみたいか」と問われた西島は「古代文明や恐竜の化石などが好きなので考古学者になりたい」と答えた。

 最後に「誰もが僕をだましている」という映画のキャッチコピーにちなみ「もしも愛する女性が自分をだましていたらどうする?」と聞かれると「事情を聞いて、その事情に納得できたら、できるだけ許したい。今までだまされたことはないと思うけど、もしかしてだまされていたのかな」と答えて、笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

page top