「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

2024年4月22日 / 10:43

(C)TBS

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。

 本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドックスエンターテインメント。(*以下、ネタバレあり)

 町工場の社長殺害事件。検察が提出した新証拠に揺れる公判。だが、明墨(長谷川)は過去の殺人事件の裁判記録を調べ上げ、ある仮説を立てる。一方、弁護士としての正義に揺れる赤峰(北村匠海)は、拘置所の緋山(岩田剛典)に会いに行く。緋山は本当に無実なのか、それとも…。

 放送終了後、SNS上には、「面白い。今まで、不正をした個人を攻める作品はたくさんあったけど、不正をせざるを得ない組織の仕組みについてこんなにはっきりと言及する作品はなかったのでは。オリジナル脚本というのがすごい」「今までの司法ドラマの勧善懲悪とは全く違う新しい切り口の物語」「そもそも正義って何なんだろうと考え出すと余計分からなくなる」などのコメントが上がった。

 一方、長谷川の演技についての、「長谷川博己の怪演にハマっている。何かにひょう依されたような演技は最高」「言ってることはまともなんだけど、明墨先生がどこまでも底が知れないおかげでとんでもない“長谷川博己劇場”になっている」などの意見も目立った。

 また、放送から一夜明け、NHKの連続テレビ小説「虎の翼」に法学生役で登場した岩田について、「岩ちゃん、日曜劇場と朝ドラでギャップあり過ぎ」「ゆうべは他局で弁護士の世話になっていた人が、一夜明けたら弁護士を目指す学生にって、振り幅がすごい」「昨日の今日だ。岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」といったコメントも多かった。


芸能ニュースNEWS

「季節のない街」「つらいけど見るのをやめられない」「えぐいけどこれは文学だ。そういう覚悟で見ているから大丈夫」

ドラマ2024年5月18日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第七話「がんもどき前編」が、17日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Believe」“狩山” 木村拓哉がついに出頭か?ラストの謎展開に反響 「予測不能にもほどがある」

ドラマ2024年5月17日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第4話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“陽月”芳根京子&“美咲”白山乃愛姉妹に感動 「“大友先生”錦戸亮が助けてくれるよね」「絶対に助かって」

ドラマ2024年5月17日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第6話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  大友郁弥(錦戸亮)との戦いに勝利した天堂海斗(赤楚)は、天堂記念病院の理事長に就任した。海斗は早速、父で … 続きを読む

ブルーモーメント」“彩”出口夏希と“真紀”石井杏奈姉妹が過去の悲劇と対峙 「姉妹それぞれの葛藤、そして進み始める姿に涙」

ドラマ2024年5月16日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第4話が、15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、山 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“大崎”宮近海斗が“愛花”田辺桃子に告白  「切なくて泣いちゃったよ」「幸せになってほしい」

ドラマ2024年5月15日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋をしたことがない売れっ子俳優・渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながら … 続きを読む

Willfriends

page top