「アンチヒーロー」「ダークな長谷川博己がいい」「明墨先生、やっていることはえげつないのに かっこいいと思ってしまう」

2024年4月15日 / 08:20

(C)TBS

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第1回が、14日に放送された。

 本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドックスエンターテインメント。(*以下、ネタバレあり)

 日本の刑事裁判での有罪率は99.9パーセントといわれる。だが“アンチな弁護士”明墨(長谷川)は、残りの0.1パーセントに隠された「無罪の証拠」を探して依頼人を救う救世主のような弁護士ではない。

 例え、被告が犯罪者である証拠が100パーセントそろっていても無罪を勝ち取る、殺人犯をも無罪にしてしまうような、ヒーローとは言い難い、限りなくダークで危険な人物なのだ。その明墨が、町工場の社長殺害事件の弁護を担当することに。

 放送終了後、SNS上には、「勧善懲悪の逆を行く感じかなあと思って見たら、確かにそういう感じもあったけど、ある意味で正義を貫いているんだよなあ」「明墨先生のキャラはすごく好み ダークなんだけど決して悪人ではなく、ミステリアスさの中にかすかに悲しさが感じられる」「明墨先生、やっていることはえげつないのに かっこいいと思ってしまう」といったコメントが上がった。

 また、「『一度殺人を犯したら人生はやり直せない。また人を殺すか、自分で命を絶つかだ』というせりふが印象的だった」「証拠の信ぴょう性を問う。映画の『十二人の怒れる男』みたいで面白かった」という声も。

 さらに、「終始、長谷川さんが格好良くて大満足」「ダークな長谷川博己がいい」「悪いほほ笑みをたたえるダークな長谷川博己さんは非常に刺さる」といったコメントも。

 そして、次回に向けての、「1話完結じゃないのっていいね。来週も見たいって思うもん」「緋山(岩田剛典)は、やったのかやっていないのか。それとも事実と違う方向に誘導されているのか。来週の展開が待ち遠しい」といったコメントも見られた。


芸能ニュースNEWS

「ブルーモーメント」 SDMに立ちはだかる謎の政治家が登場 「大丈夫。彼も海猿、分かってくれる」

ドラマ2024年6月13日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第8話が、12日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、 … 続きを読む

「さっちゃん、僕は。」平野紫耀の弟・莉玖の登場シーンが“最高” 「莉玖くんの演技が自然体」「学園LIFEがリアルでいい」

ドラマ2024年6月12日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我の“父”袴田吉彦が登場 「うわあ、クズ父だ」「渋谷くんの家庭環境が分かってつらかった」

ドラマ2024年6月12日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第11話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  渋谷くん(京本)が千夏(玉井詩織)を襲った男を殴り、逮捕される。人気俳優による暴行事件のニュースはあっという … 続きを読む

「366日」莉子と智也の“交際0日婚”カップルに胸キュン 「莉子が積極的でかわいい」「スピンオフが見たい」

ドラマ2024年6月11日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第10話が、10日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  “友達に戻る”。そう決めた雪平明日香(広瀬)と水野遥斗(眞栄田郷敦)。お互いに距離を取ったものの、友達に戻るためには時間が … 続きを読む

「95」最終回 “秋久”高橋海人ら5人のカラオケシーンが「最高」 「『95』の選曲センスに拍手」「超いい最終回」

ドラマ2024年6月11日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の最終話が、10日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top