石橋静河「頼もしい先輩方と一緒にこの作品に挑める」稲垣吾郎&内田有紀との共演が力に ドラマ10「燕は戻ってこない」出演者会見

2024年4月12日 / 19:07

(左から)稲垣吾郎、石橋静河、内田有紀(C)エンタメOVO

 4月12日、東京都内のNHKでドラマ10「燕は戻ってこない」のマスコミ向け試写会と出演者会見が行われ、出演者の石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀が出席した。

 ドラマ10「燕は戻ってこない」は、「命は誰のものか」という重要なテーマを鮮烈なエンターテインメントに仕上げ、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をW受賞した桐野夏生の同名小説が原作。これを、連続テレビ小説「らんまん」の長田育恵氏の脚色で全10回のテレビドラマ化したのが本作だ。

 主人公は、お金も夢もない29歳の派遣社員リキ(石橋)。職場の同僚から「卵子提供」でお金を稼ごうと誘われた彼女は、アメリカの生殖医療エージェント「プランテ」日本支社で面談を受ける。だが、そこで持ち掛けられたのは、「卵子提供」ではなく、「代理出産」だった。一方、元トップバレエダンサーの草桶基(稲垣)とその妻・悠子(内田)は、高額の謝礼と引き換えに、2人の子どもを産んでくれる「代理母」を探していた。やがて3人の欲望が、「代理出産」を通じて交差していく…。

 第1回の試写終了後、会見に応じた石橋はまず、「これ以上ない座組でこの作品に挑めることを本当に幸せに思います」とあいさつ。とはいえ、代理出産や女性の貧困という難しいテーマを扱った作品だけに、「この作品をやるには勇気が必要だった」とオファーを受けた際の心境を打ち明けた。だが、共演が稲垣&内田と聞き、「こんなに頼もしい先輩方と一緒にこの作品に挑めることを知り、勇気が出た」と2人の存在に力を得た様子。

 また、3人とも演じるに当たっては事前に原作を読んだことが役立ったらしく、それぞれがその印象を披露。石橋は「絶対大変だなと思って、なかなか(読む)勇気が出なかった」と最初はおよび腰だったものの、「いざ読み始めたら、面白くて1日で読み終わってしまった」という。その感想を「女性が生きていく上で感じてきた嫌な思いとか、差別だったり、苦しかったことが、エコーのように、自分の中で衝撃として走って。これはドラマという形を通して、世の中に伝えなければいけない話なんだと思った」と語り、背中を押された模様。

石橋静河(C)エンタメOVO

 一方、劇中で女性特有の問題に直面するリキと妻・悠子の間で男性の基を演じる稲垣は、原作の感想を「目からうろこだった。女性の気持ちも、分かっているようで、分かっていないことが多いと思った」と振り返り、「(基は)自分は相手を傷つけているとは決して思っていなくて、それなのに、相手を無神経に傷つけてしまったり。いろいろ考えさせるなと思った」と言葉を続けた。

稲垣吾郎(C)エンタメOVO

 もともと桐野の小説の愛読者だったという内田も石橋同様、「読むのに勇気がいった」と打ち明けながらも、読んだことで「本当に真摯(しんし)に向き合っていかなければ」と覚悟を決めたという。さらに内田は、悠子と自身の年代が近いことを上げ、「みなさんと何かを共有できるんじゃないかなと思いながら、悠子の核心みたいなものを、私の体にたたき込んで日々過ごしています」と撮影に臨む意気込みを語った。

内田有紀(C)エンタメOVO

 物語はシリアスながら、会見は和やかムードの中、和気あいあいと進行。「元トップバレエダンサー」という役柄を演じる稲垣は、本格的にダンサー姿を披露する場面もあるらしく、バレエ経験のある石橋が「つま先がきれいで感動しました」「説得力がすごい」と太鼓判。また、テレビのバラエティー番組などを除くと、お芝居では初共演となる稲垣と内田が「お互い同じ芸能界で同じ時代にずっと一緒に頑張ってきた仲間として、まとう空気感が似ているのかも」と互いに認めあい、それを石橋が「仲良し」とうらやむ一幕も見られ、チームワークの良さをうかがわせた。

ドラマ10「燕は戻ってこない」は、2024年4月30日(火)から放送開始(全10回)。

総合 毎週火曜 よる10:00~10:45

BSP4K毎週火曜 午後6:15~7:00

[再放送] 総合 毎週金曜 午前0:35~1:20 ※木曜深夜


芸能ニュースNEWS

「季節のない街」「つらいけど見るのをやめられない」「えぐいけどこれは文学だ。そういう覚悟で見ているから大丈夫」

ドラマ2024年5月18日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第七話「がんもどき前編」が、17日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Believe」“狩山” 木村拓哉がついに出頭か?ラストの謎展開に反響 「予測不能にもほどがある」

ドラマ2024年5月17日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第4話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“陽月”芳根京子&“美咲”白山乃愛姉妹に感動 「“大友先生”錦戸亮が助けてくれるよね」「絶対に助かって」

ドラマ2024年5月17日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第6話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  大友郁弥(錦戸亮)との戦いに勝利した天堂海斗(赤楚)は、天堂記念病院の理事長に就任した。海斗は早速、父で … 続きを読む

ブルーモーメント」“彩”出口夏希と“真紀”石井杏奈姉妹が過去の悲劇と対峙 「姉妹それぞれの葛藤、そして進み始める姿に涙」

ドラマ2024年5月16日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第4話が、15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、山 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“大崎”宮近海斗が“愛花”田辺桃子に告白  「切なくて泣いちゃったよ」「幸せになってほしい」

ドラマ2024年5月15日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋をしたことがない売れっ子俳優・渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながら … 続きを読む

Willfriends

page top