池田エライザ「毎日終わってほしくないと願っていた」 野田洋次郎「『こんなに面白い脚本があるんだ』と衝撃を受けた」 NHKドラマ「舟を編む 〜私、辞書つくります~」会見

2024年2月13日 / 05:00

(左から)池田エライザ、野田洋次郎 写真提供=NHK

 2月18日からNHKで放送予定のプレミアムドラマ「舟を編む ~私、辞書つくります~」 の第1回試写会が2月5日、東京都内のNHK放送センターで行われ、出演者の池田エライザ、野田洋次郎らが会見に出席した。

 「舟を編む ~私、辞書つくります~」は、三浦しをんのベストセラー小説『舟を編む』を原作に、辞書作りに情熱を注ぐ出版社の辞書編集部員たちの奮闘を描く物語。会見には、主人公・岸辺みどり役の池田エライザ、馬締光也役の野田洋次郎、制作統括の高明希氏、演出の塚本連平氏の4名が登壇。

 池田と野田は、前日に撮影を終えたばかり。そのため池田は、「撮影を終えて、家に帰って泣いてしまい、今日は目がちょっと腫れていて、申し訳ないなと思いながらここに来ました。初めて、毎日毎日、終わってほしくないと願っていた大好きな現場だった」とあいさつ。

 これが4年ぶりの芝居の仕事となる野田は、脚本を読み、「『こんなに面白い脚本があるんだ』と衝撃を受けた」という。そして「俳優でも音楽でも、どんな形でもいいから、この作品の一部になりたいと強く思った。その直感は正しかった。一生忘れられない体験」と語り、「一人でも多くの人にとって、そういう作品になったらうれしい」とアピールした。

 撮影中に苦労したエピソードとして池田が挙げたのが、「ト書きに合わせて泣くのが大変だった」という第1話冒頭のみどりが浜辺で泣くシーン。「ト書きに“歎息”、“号泣”など、泣く順番が書いてある。待て、待て、待て、と(笑)」

 これに塚本氏が「しかもそれが、日が昇るタイミングで、日が出たらこの泣き方、とか、その後、風が吹いて、とか。そんなことをコントロールしながら泣き芝居ってすごいハードルの高いことが書いてあるなと」と補足。その上でその芝居をやり遂げた池田を「見事にやられていた」と称賛すると、池田も「現場の空気感がよくて助けられました」とスタッフのサポートに感謝していた。

「舟を編む ~私、辞書つくります~」写真提供=NHK

 
  • 1
  • 2

芸能ニュースNEWS

NHKドラマ10「燕は戻ってこない 」制作開始 石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀らが出演

ドラマ2024年2月22日

 4月30日から放送予定のNHKドラマ10は、人気作家、桐野夏生氏による小説『燕は戻ってこない』をドラマ化。「命は誰のものか 」というテーマに、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をW受賞した作品。脚本は、連続テレビ小説 「らんまん」 … 続きを読む

「Eye Love You」“花岡”中川大志の苦しい“心の声”に「涙が出た」 「花岡の感情があふれ出した瞬間が圧巻だった」

ドラマ2024年2月21日

 二階堂ふみが主演するドラマ「Eye Love You」(TBS系)の第5話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、目が合うと相手の心の声が聞こえる“テレパス”の能力を持つ主人公・本宮侑里(二階堂)が、超ストレートな年下の … 続きを読む

「リビ松」“松永”中島健人の“元カノ”若月佑美の登場に波紋  「どのドラマも元カノって嫌」「モヤモヤする」

ドラマ2024年2月21日

 中島健人が主演するドラマ「リビングの松永さん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋に不器用なアラサー男・松永(中島)と、ピュアで一生懸命な女子高生・美己(高橋ひかる)がシェアハウス … 続きを読む

「君が心をくれたから」ついに“太陽”山田裕貴が奇跡の真実を知る  「『触覚は幸せを確かめるもの』って、納得した」

ドラマ2024年2月20日

 永野芽郁が主演するドラマ「君が心をくれたから」(フジテレビ系)の第7話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公・逢原雨(永野)が、愛する男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから … 続きを読む

「春になったら」“岸”深澤辰哉の“瞳”奈緒への優しさに反響集まる  「岸くんがいい男過ぎる」「絶対に好きになっちゃう」

ドラマ2024年2月20日

 奈緒と木梨憲武がW主演するドラマ「春になったら」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、「3カ月後に結婚する娘」と「3カ月後にこの世を去る父」が「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬま … 続きを読む

Willfriends

page top