阿部サダヲ、宮藤官九郎の脚本は「さすがだなと思った」 仲里依紗、磯村勇斗らと“意識低い系”タイムスリップコメディー

2024年1月19日 / 15:44

「不適切にもほどがある!」制作発表会見 (C)エンタメOVO

 ドラマ「不適切にもほどがある!」プレミア試写会&制作発表会見が19日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、仲里依紗、磯村勇斗、河合優実、坂元愛登、吉田羊、脚本を担当した宮藤官九郎氏が登場した。

 本作は、“昭和のおじさん”小川市郎(阿部)が、1986年から2024年の現代へタイムスリップし、令和では“不適切”なコンプライアンス度外視の発言をさく裂。コンプラで縛られた令和の人々に考えるきっかけを与えていく意識低い系タイムスリップコメディー。

 主演の阿部は、本作で宮藤氏とタッグを組むことについて「うれしかったです。(脚)本を読んだらすごいなと思いましたね。最初のせりふでびっくりして、さすがだなと思いました」とコメント。

 “昭和のおじさん”の役作りについては、「最初は小指の爪だけ伸ばしていました。分かる人だけ分かればいいんですけれど、昔のおじさんって耳や鼻をいじったり、小指の爪で何かをやるタイプなんですね。ドラマじゃ必要ないなと思って止めました」と話して笑いを誘った。

主演の阿部サダヲ (C)エンタメOVO

 令和の働くシングルマザー役を演じる仲は、自身と役柄の共通点について「私もいつも負けないぞという気持ちで働いています。昭和と比べると今は協力しながら子育てすることがベターですけれど、昭和は母親がメインになって家事をやったりするので。私も子育ては皆で協力してするものだと思っているので、今回の役をやれてスカッとしました」と話した。

シングルマザー役の仲里依紗 (C)エンタメOVO

 第1話で歌唱シーンを披露する磯村は、近隣から苦情が来るほど練習したといい、「それくらい気合の入ったシーンですし、民放ドラマでは珍しい楽しめるシーンになっています」と笑顔でアピール。

 さらに、仲と吉田も今後歌唱シーンがあると発表されると、仲は「私は昨日もお風呂で歌いましたよ。そうしたら旦那(中尾明慶)が『また歌ってるの~?』って言っていました。自主練しています」と努力を告白。

 吉田は「毎回歌詞はとぼけたものもありますけれど、旋律がすてきなので、見た方は口ずさんでしまう曲になると思います」と見どころを語った。

 宮藤氏は、本作の着想について「いろんなことがダメと言われる時代になってきたじゃないですか。これはダメ、こうしちゃダメ…ダメという言葉で終わりにして、なんでダメなのかを考えなくなってきているなと実感して、1話ずつ、なんでダメなんだっけ? というのを考えるドラマにしたいなと思いました」と語った。

 ドラマは、26日よる10時からTBS系で放送スタート。毎週金曜よる10時放送。

 


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top