「推しが上司に」“瞳”鈴木愛理と“修一”片寄涼太の恋に新展開  「来週は波乱の予感。瞳ちゃん泣かないで」

2023年11月23日 / 14:48

(C)「推しが上司になりまして」製作委員会

 鈴木愛理が主演するドラマ「推しが上司になりまして」(テレビ東京系)の第8話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、人生のどん底にいた主人公・中条瞳(鈴木)の目の前に、“最推し”の2.5次元の舞台俳優・桐生斗真(片寄涼太)が突如、会社の上司・高城修一(片寄)となって目の前に現れたことで繰り広げられる“胸キュン”ラブコメディー。

 残業をしている修一に差し入れを届けようと会社に向かった瞳は、修一が電話の相手を「智花」と呼んでいるのを偶然聞いてしまい、ショックを受ける。

 修一の電話の相手が誰なのかが気になって仕方ない瞳。もしや彼女? 私はだまされているの? いやそんなはずはないと、いろいろ妄想するものの、修一に直接確かめることができずにもんもんとしていた。

 そんな中、疲れた修一を癒やすためのデートが決行されるが、二転三転する「智花」情報に、瞳は混乱し…。瞳の妄想劇場がさく裂する。

 終盤では、修一が瞳に「智花は幼なじみなんだ。俺が好きなのは中条さんだから」と弁明。瞳が「やっぱり私の推しはチャラ男ではなかった」と安堵(あんど)したのもつかの間、素子(ゆりやんレトリィバァ)から「智花は修一の婚約者!?」というネット記事がメールで送られて来る展開となった。

 放送終了後、SNS上には、「えっ智花が婚約者?! そんなの絶対に嫌だ、瞳ちゃんに報われてほしい」「智花さんは妹かと思いきや、まさかの幼なじみで婚約者。十分危険だよ」「来週は波乱の予感。瞳ちゃん泣かないで」「智香は絶対に修一が好きだろう。あの距離感は不安になるな」といった声が集まった。

 また、「8話も面白かった。オタクモードに入る瞳ちゃんが好き」「“愚の総合商社”には笑った。瞳はオタクだから妄想力が爆走してるな」「智花が瞳が妄想したカイワレではなくて、幼なじみだったのが笑えた」など瞳のオタクな妄想シーンにも反響が寄せられた。

(C)「推しが上司になりまして」製作委員会


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

「季節のない街」「キャッツを超えた!」「訳分からんパワーがすごい」

ドラマ2024年4月20日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第三話「半助と猫」が、19日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

ドラマ2024年4月19日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

Willfriends

page top