「マイ・セカンド・アオハル」“拓”道枝駿佑のキスっぽいシーンに視聴者騒然 「キスシーン流れてきたけど角度詐欺かな?」

2023年10月25日 / 20:00

「マイ・セカンド・アオハル」(C)TBS

  広瀬アリスが主演するドラマ「マイ・セカンド・アオハル」(TBS系)の第2話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、学歴もお金もない30歳のドン底OL白玉佐弥子(広瀬)が、大学生の小笠原拓(道枝駿佑)の一言をきっかけに学び直しを決意して大学生となり、令和の大学生たちにもまれながら恋に、勉強に、夢に奮闘するラブコメディー。脚本は「ゆるキャン△(ドラマ版)」シリーズなどを手掛けた北川亜矢子氏。

 佐弥子はシェアハウスで、憧れの人・日向祥吾(安藤政信)と10年ぶりに再会、しかしすっぴんで緩い部屋着姿だったために人違いだと伝え、動揺してその場から立ち去ってしまう。同時に過去の黒歴史を思い出していた。その後、大学の図書館で課題に取り組んでいると、偶然にも日向と再会し、客員教授として仕事をしながら教えていることを知る。

 課題発表の当日、佐弥子は担当教授から酷評され、落ち込んでしまう。そんな佐弥子に拓が的確なアドバイスをしたおかげで、後日無事に課題発表をクリア。

 その後、拓はコンペで最優秀賞を狙う作品を出品するため、シェアハウスメンバーへ模型制作の協力を要請、佐弥子には「貸し一だからね」と有無を言わせずに強制参加を伝える。模型が完成し締め切り間近に、既出の作品でコンセプトが類似しているものがあることが発覚、拓は出品をあきらめるが、佐弥子の言葉で拓は制作を一からやり直すことを決断。

 ギリギリに間に合った作品の提出後、打ち上げで二人きりになると拓は佐弥子に感謝を伝え、「佐弥子さんって素直でかわいい人だよ」と発言、屋上で記念写真。

 1カ月後、佐弥子はリビングで拓とキイナ(伊原六花)のキスシーンを目撃…。

 放送終了後、SNS上には、「お酒片手にグリコ(じゃんけん)は青春だわ」「(拓が)朝5時に屋上に誘ったり、何度もグリコをしたり、安易にかわいいと言ったりするのは、 “思わせぶり”という名の罪」「『(佐弥子)うわっ、字きったな!』 の場面で道枝フォント前面に出ていて笑う」などの感想が投稿された。

  また、ラストのキスシーンには「キイナはキスしようとしたけど拓は阻止するやつだ」「キスシーン流れてきたけど角度詐欺かな?」「2話のラストは衝撃だった。こんなに早いキスシーン(?)に心の準備できていなかった」といった声も寄せられた。


芸能ニュースNEWS

「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」「今週はまさかの鏑木さんに泣かされた」「天音ちゃんのストーリーからも目が離せない」

ドラマ2024年2月26日

 西島秀俊が主演する日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(TBS系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、“ある事件”で家族も音楽も失った父親と、そんな父を拒絶し、音楽を嫌う娘が、地方オーケストラを通して失った情 … 続きを読む

「おっパン」“大地”中島颯太&“円”東啓介カップルに「尊い」の声 「嫉妬してすねる円先輩がかわいい」「幸せになってほしい」

ドラマ2024年2月26日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(東海テレビ・フジテレビ系)の第8話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、世間の古い常識や偏見で凝り固まった中年男・沖田誠(原田)が、二回り以上年 … 続きを読む

「離婚しない男」“ナオミ”藤原紀香のハニートラップに反響 “渉”伊藤淳史とのキスシーンが「面白過ぎる」

ドラマ2024年2月25日

 伊藤淳史が主演するドラマ「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレビ朝日系)の第6話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妻の不倫に気付かぬフリをしながら、あえて離婚せず証拠収集し、父親が親権を獲得できる率わずか1 … 続きを読む

「不適切にもほどがある!」「笑って泣けて…神回だった。やっぱりクドカンはすごい」「お義父さんの背広♪で涙腺崩壊」

ドラマ2024年2月24日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第5話が、23日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和 … 続きを読む

NHKドラマ10「燕は戻ってこない 」制作開始 石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀らが出演

ドラマ2024年2月22日

 4月30日から放送予定のNHKドラマ10は、人気作家、桐野夏生氏による小説『燕は戻ってこない』をドラマ化。「命は誰のものか 」というテーマに、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をW受賞した作品。脚本は、連続テレビ小説 「らんまん」 … 続きを読む

Willfriends

page top