斎藤工「本当に豊かでぜいたくな時間でした」 歌舞伎町にオープンする新劇場で『ニュー・シネマ・パラダイス』を鑑賞

2023年4月13日 / 20:03

(左から)斎藤工、工藤梨穂監督、板谷由夏 (C)エンタメOVO

 WOWOW「映画工房×109シネマズプレミアム新宿スペシャルトークイベント」が13日、東京都内で行われ、斎藤工、板谷由夏ほかが登壇した。

 「映画工房」は、話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を、映画好きの俳優・斎藤工と板谷由夏が語り尽くす情報番組。

 この日は、14日に開業する「東急歌舞伎町タワー」のオープンを記念して、同施設内の「109シネマズプレミアム新宿」で番組の収録を実施した。

 収録前には、斎藤ら出演者が35ミリフィルムの映写機を設置した「シアター8」で、映画館を舞台とした名作『ニュー・シネマ・パラダイス』の特別上映を鑑賞した。

 鑑賞後、斎藤は「本当にぜいたくな時間でした。見るきっかけとタイミングって大事。われわれもお仕事の性質上、新作を追っていくのが精いっぱいで、旧作に向き合う機会がなかなかない。そんな中、こういう劇場、空間で、名作と触れ合える時間というのは、本当に貴重で豊かな時間だったと思います」と感想を述べた。

 「久しぶりにやられました」と語る板谷も、涙が止まらなかったようで、「『ニュー・シネマ・パラダイス』をハンカチなしで見たら駄目ですね。ポップコーンを食べた後のお手拭きで拭いたらヒリヒリしてきて…」と苦笑。

 すかさず斎藤が「ウエット(ティッシュ)でウエット(涙)を拭くのはね」と突っ込んだ。

 また、同劇場では、3月28日に71歳で亡くなった坂本龍一氏監修の音響システム「SAION –SR EDITION-」を採用した。

 斎藤は「ある意味、坂本さんが残してくれた音の空間。ケーブル1本にまで坂本さんがこだわって、この場所を残してくれた。体験するにふさわしい空間になっていますよね」とコメント。板谷も「こだわりを感じたいですね」と語った。


芸能ニュースNEWS

石橋静河「頼もしい先輩方と一緒にこの作品に挑める」稲垣吾郎&内田有紀との共演が力に ドラマ10「燕は戻ってこない」出演者会見

ドラマ2024年4月12日

 4月12日、東京都内のNHKでドラマ10「燕は戻ってこない」のマスコミ向け試写会と出演者会見が行われ、出演者の石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀が出席した。  ドラマ10「燕は戻ってこない」は、「命は誰のものか」という重要なテーマを鮮烈なエンタ … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮に「オーラ抜群」と反響集まる  「いい年の取り方をしてる」「地上波に帰ってきてくれて泣いた」

ドラマ2024年4月12日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我にハマる視聴者多数  「沼に落ちかけてる」「愛さずにはいられないキャラ」

ドラマ2024年4月10日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹のお … 続きを読む

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也のラブシーンに「ドキドキ」 「奏と真樹は実は兄妹説」など早くも考察広がる

ドラマ2024年4月10日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第1話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代の … 続きを読む

「虎に翼」出演者情報 栗原英雄、シソンヌのじろう、長谷川忍が登場

ドラマ2024年4月10日

 NHKの連続テレビ小説「虎に翼」。4月10日(水)から12日(金)の放送回(8~10回)に栗原英雄、シソンヌのじろう、長谷川忍が登場する。栗原は「わろてんか」「なつぞら」以来3回目の連続テレビ小説の出演。シソンヌのじろうは、「まれ」以来2 … 続きを読む

Willfriends

page top