「PICU」“武四郎”吉沢亮と“南”大竹しのぶが涙の対話 「展開がつら過ぎて胸が痛い」「夕食のシーンがすごくて放心状態」

2022年12月6日 / 14:01

「PICU 小児集中治療室」(C)フジテレビ

 吉沢亮が主演するドラマ「PICU 小児集中治療室」(フジテレビ系)の第9話が、5日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 “しこちゃん先生”こと武四郎(吉沢)は、膵臓(すいぞう)がんの治療を拒否している母・南(大竹しのぶ)に、「俺が諦められる時間をください。母ちゃんと離れる覚悟ができるための時間を」と言って頭を下げ、東京の病院で検査を受けることに同意してもらう。

 羽田空港に降り立った武四郎と南は、丘珠病院のPICU科長・植野元(安田顕)から紹介してもらった、東京中央記念病院の腫瘍内科医・原口裕二(平原テツ)の下を訪れる。

 そこで、南は幾つかの検査を受け、武四郎は、原口医師から検査の結果を聞かされる。 

 その後、宿泊先の旅館での夕食時に、武四郎は南に「俺のためでも治療できない?」と改めて問い掛ける。

 すると南は、がんで亡くなった夫の治療の様子を見てきたことが、治療を受けない理由であると明かし、「お母さんはね、病院じゃなくて、あの家で武四郎のことを頭に焼きつけながら逝きたい。いつも通りに」と告げる。

 武四郎は「勝手過ぎるよ」と嘆くが、南は「わがまま言ってごめんね。でも、自分の死に方は自分で決めたい」と思いを伝える。その後、札幌に戻って1週間もたたないうちに南は亡くなる。

 放送終了後、SNS上には、「しこちゃん先生…展開があまりにもつら過ぎて胸が痛い。涙が止まらない」「ボロ泣きした。2人の夕食のシーンがすごくて放心状態」「あふれ出す言葉と、頬を伝う涙から、母の深い愛を感じて胸が締めつけられた」「『愛してる』『大好きだよ』と言い合うところで大号泣。2人が最後に素直になれてよかった」「つらくても、ちゃんと母の死の尊厳を守れた武四郎は立派だった」などの反響が寄せられた。

「PICU 小児集中治療室」 (C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

伊藤健太郎が4年ぶりの日テレドラマに出演 森本慎太郎主演の「街並み照らすヤツら」

ドラマ2024年4月23日

 4月27日(土)、日本テレビで初回放送される森本慎太郎(SixTONES)主演のドラマ「街並み照らすヤツら」に伊藤健太郎の出演が発表された。  伊藤は、森本演じる正義たちの運命に大きな影響を与える重要人物として登場する。日本テレビのドラマ … 続きを読む

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

Willfriends

page top