「君の花になる」“弾”高橋文哉の“名前呼び”に胸キュン 「急に“あす花”と呼び捨てされたらイチコロ」「心臓が爆発する」

2022年11月23日 / 08:44

「君の花になる」 (C)TBS

 本田翼が主演するドラマ「君の花になる」(TBS系)の第6話が、22日に放送された。

 本作は、元高校教師の主人公・仲町あす花(本田)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」(高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝)の寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かっていく物語。(※以下、ネタバレあり)

 デビュー曲が3年越しで大ヒットするという快挙が話題となった8LOOMに、メディアからの出演オファーが殺到する。

 あす花は、勢いに乗るメンバーたちを応援する一方、奈緒(志田彩良)に抱きつかれた弾(高橋)を見て、モヤモヤする自分の気持ちに少しずつ気付く。

 弾の多忙によって2人のすれ違い生活が始まるが、あす花は「落ち着いたら、ちゃんとするから」という弾の言葉に、さらに複雑な思いを抱く。

 そんな中、弾の母校で新曲のPRを兼ねた凱旋(がいせん)ライブが決定。元メンバーをライブに誘う有起哉(綱)に栄治(八村)が猛反発する。さらに、畳みかけるように、寮である事件が起こり、メンバーの間に新たな亀裂が生じる。

 放送終了後、SNS上には、「有起哉と栄治の対立シーンは一緒に泣いた」「弾の母校でのライブがよかった。元メンバーを含めた8人で思いをぶつけるシーンは感動した」「芸能人と寮母の恋の非現実感にドキドキ。ばっさーがめちゃくちゃかわいかった」などの感想が投稿された。

 ラストシーンでは、かつて勤務していた高校の前で過去のトラウマを思い出し、倒れ込んでしまったあす花を弾が見つけ、「あす花」と呼び捨てにする場面が描かれた。

 このシーンについて、「弾がアンタ呼びから、あす花呼びに変わった瞬間に叫んだ」「文哉くんの手を握ってからの名前の呼び捨てはヤバイ。キュンキュンした」「あんな至近距離で名前の呼び捨ては、心臓が爆発する」「好きになってはいけないのが分かっているのに、急にあす花と呼び捨てされたら、もうイチコロ」といった反響が集まった。

「君の花になる」(C)TBS

 


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」グングニルのトップ“ガイド”の正体が明らかに 「思わず息をのんでしまった」「やっぱりそうか」

ドラマ2024年5月27日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第8話が、26日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  グングニルのアジトとおぼしき地下施設を目指す照朝(間宮)は、転落しそうになるところを間一髪で初(田中 … 続きを読む

「東京タワー」“比奈”池田朱那の怪演に視聴者衝撃  「比奈ちゃんが怖過ぎる」「不倫ドラマから一気にホラーに」

ドラマ2024年5月27日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第6話が、25日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  浅野詩史(板谷由夏)といる時間に言いようのない幸せを感じるほどに、のめり込んでいく小島透(永瀬)。その夜も、透を残し夫のもとへ … 続きを読む

「9ボーダー」“陽太”木戸大聖を推す声が急増 「陽ちゃんが好き」「気が利いて頼りがいがあって最高」

ドラマ2024年5月27日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第6話が、24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「アンチヒーロー」「ラストで赤峰くんの表情が完全に明墨先生になった」「伊達原検事正は久しぶりの当たりヒール」

ドラマ2024年5月27日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第7話が、26日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「そりゃないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

Willfriends

page top