二宮和也、主演映画のためにロシア語を猛特訓 「文字に起こしてひたすら読み込みました」

2022年8月17日 / 18:43

(左から)松坂桃李、二宮和也、北川景子、中島健人 (C)エンタメOVO

 映画『ラーゲリより愛を込めて』完成報告会見が17日、東京都内で行われ、出演者の二宮和也、北川景子、松坂桃李、中島健人、桐谷健太、安田顕、瀬々敬久監督ほかが出席した。

 本作は、辺見じゅん氏のノンフィクション小説を映画化。第2次世界大戦終了後を舞台に、シベリアの強制収容所(ラーゲリ)に抑留された実在の日本人捕虜・山本幡男の壮絶な半生を描く。

 主人公の山本を二宮、愛する夫を信じて待ち続ける妻のモジミを北川が演じた。

 二宮は「この映画は、本当につらくて苦しくて…、目をそむけたくなるようなシーンもたくさんある。だからこそ、その中にある笑顔や涙が胸に迫るものになっていると思います」とアピール。

 印象深い場面を問われると、「仲間との野球のシーン」を挙げたほか、「僕はロシア語をしゃべれるキャラクターだったので、撮影前から、その準備で、ずっと(せりふを)反すうしていたのが印象的でした」と明かした。

 ロシア語の勉強方法については、「もちろん先生に付いてもらったのですが、『カタカナで割といけます』と言われて、それを文字に起こしてひたすら読み込むかたちでした」と回想。

 「一からでしたけど、先生が現場でも丁寧に教えてくださって。ロシア語のシーンが終わると、一つ安心して気が楽になっていったというのはありました」と振り返った。

 一方、完成作を見た感想を聞かれた北川は「ラーゲリの男性陣のシーンは、私は初めて見るシーンで。皆さん、体も絞られたと思うのですが、その体つき、顔つきも…、本当に厳しい状況で、懸命に生き抜く男たちの姿を見てすごいなって」と語った。

 続けて、「でも、暗い気持ちにはならないというか…。今は物や情報にはすごく恵まれているけれど、この人たちみたいに、自分の心は豊かだろうかということを考えさせられました。知恵を絞り、手を取り合って、何とか困難を切り抜けようとする彼らの姿を見て、人間って本来こういう力があるはずなんだなって感じました」としみじみ語った。

 映画は12月9日から公開。


芸能ニュースNEWS

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top