小野花梨「児童福祉司が何でフィーチャーされないんだろう」 小澤雅人監督「児童相談所は情報を発信できないので、映画で撮れたらいいなと思った」

2022年8月17日 / 06:37

(左から)月船さらら、小野花梨、小澤雅人監督 (C)エンタメOVO

 映画『ほどけそうな、息』完成披露上映会・舞台あいさつイベントが16日、東京都内で行われ、出演者の小野花梨、月船さらら、小澤雅人監督が登場した。

 本作は、児童虐待や家庭崩壊など、傷ついた子どもたちを救うために奔走する児童福祉司の苦悩と実態を描く。児童相談所で働く複数の職員から聞いた実話をベースに構成された。

 主人公で児童福祉司のカスミを演じた小野は「テレビで悲しいニュースを見るたびに、こういうことは、なぜ減らないのだろうかと思っていました。その中で、この映画のお話を頂いて、私自身、勉強になることが多くありました」と話した。

 児童福祉司という職業を演じたことについては、「矢面に立って、子どものみならず、お母さんやお父さん、家庭環境までも助け船を出さなければいけない立場で、あまりにも感謝される場面が少ないなと痛感しました。こんなに愛のある職業が、何でフィーチャーされないんだろうかと、もどかしさを感じました」と語った。

 アルコール依存症で、娘への虐待を疑われている母親役を演じた月船は「虐待を疑われる側を演じてみて、一概に(虐待する親が)責められるべきではない部分もあるんだなと思いました。彼女は彼女なりの理由があったり、頑張っているけれどできない部分があって、そういった側の人間にも助けや理解が、すごく必要なんだなと実感しました」と話した。

 多くの児童福祉司に取材を重ねてきた小澤監督は「児童相談所の方々が、一生懸命仕事をしているんだと知っていくと同時に、ニュースで子どもの虐待死があると、(児童相談所が)一方的に非難されることに違和感があって、児相の方々は情報を発信できないので、映画で撮れたらいいなと思いました」と語った。

 映画は9月3日から、都内・ポレポレ東中野で上映。


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top