「石子と羽男」“羽男”中村倫也の電話シーンが「甘すぎて照れた」 “大庭”赤楚衛二が“石子”有村架純に「思いを寄せる姿がいじらしい」

2022年8月1日 / 06:54

「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(C)TBS

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第3話が、29日に放送された。

 本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽男(中村)の“石羽(いしはね)コンビ”が、誰にでも起こり得る珍トラブルに挑むリーガルドラマ。

 羽男の下に、資金不足などが理由で弁護士を雇えない人に対して国が弁護人を立てる「国選弁護」の依頼が舞い込む。

 今回は映画を短く編集した“ファスト映画”を動画サイトに無断でアップロードし、著作権法違反で映画会社から告訴され、逮捕された大学生・山田遼平(井之脇海)の弁護だった。

 金にならない国選弁護に乗り気ではない石子に対し、羽男は「注目されている事件だ」とやる気満々。しかし、遼平は反省する様子もなく、悪態をつき、羽男は振り回される。そんな中、新たな事件が起きる。

 放送終了後、SNS上には、「二転三転するストーリーが飽きさせず面白い」「羽男のお父さん(イッセー尾形)の毒親ぶりがつらかった。羽男は息苦しいだろうな」「有村架純と中村倫也の電話のシーンは、中村倫也が甘過ぎて照れた。『もう切るよ』は永久保存版」などの感想が投稿された。

 また、法律事務所のアルバイト・大庭蒼生(赤楚衛二)が、石子と映画を見に行くシーンが放送された。

 すると、「赤楚くんが石子に思い寄せている姿がいじらしい。はにかんだ笑顔がかわい過ぎる」「大庭くんのパートは癒やしだ。恥ずかしがって両手で顔を覆うシーンが、めっちゃかわいかった」といった反響が集まった。

「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(C)TBS

 


芸能ニュースNEWS

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

「競争の番人」“六角”加藤清史郎の決意に「カッコいい」 アレス電機編が解決「仲間との絆は大事だと思った」

ドラマ2022年8月9日

 坂口健太郎と杏がW主演するドラマ「競争の番人」(フジテレビ系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、“公正取引委員会”を舞台に、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)がバディを組 … 続きを読む

竹内涼真、初共演の横浜流星と「仲良くなれた」 「現場で互いのダサい部分をさらけ出す」

映画2022年8月9日

 映画『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。  池井戸潤氏の同名小説を … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top