「未来への10カウント」“桃介”村上虹郎が登場「雰囲気がガラッと変わる」 山本千尋のボクシングシーンにも反響

2022年5月13日 / 06:27

村上虹郎(左)と安田顕 (C)テレビ朝日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第5話が、12日に放送された。

 本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学園スポーツドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 かつては強豪校だったものの、今ではすっかり弱体化した松葉台高校ボクシング部。背水の陣で挑んだインターハイ予選だったが、ただ一人2回戦に駒を進めた水野あかり(山田杏奈)も、格上の京明高校に敗れてしまう。

 松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は、京明に負けたことを理由に桐沢にコーチ解任を宣告する。

 これまで何度も辛酸をなめてきた桐沢は「そういう人生だから、どうしようもない」と諦め、コーチと非常勤講師を辞めてしまう。

 ボクシング部顧問の折原葵(満島ひかり)は何とか引き留めようとし、部員たちも一方的な解任に憤慨するが、事態は変わらなかった。

 そんな中、葵は部員たちを鼓舞するため、元プロボクサーで桐沢の親友でもある甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチを依頼する。

 ところがその矢先、大阪からすご腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)が転校してきて、ボクシング部に入部する。

 「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と豪語する西条と、「うちのエースになる」と興奮する甲斐を見た部員たちは反発する。

 放送終了後、SNS上には、「水野の相手役を務めた山本千尋さん、やっぱりアクションがすごい!」「回を追うごとに生瀬勝久の持ち味が発揮されてきて面白かったし、渾身(こんしん)の一人芝居を披露する安田顕が最高だった!」「桐沢と(息子の)圭太の絡みにほっこりする」などの感想が寄せられた。

 また、第5話で初登場した村上について、「虹郎くんの存在がいいアクセントになった」「桃介かわいい。もっとやんちゃなのかと思った」「虹郎が出ると雰囲気がガラッと変わる」などの声も集まった。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top