「恋マジ」“大津”戸塚純貴に「いい人過ぎる」と反響 “柊磨”松村北斗に「キュンキュンする」の声も

2022年4月26日 / 06:19

(左から)広瀬アリス、戸塚純貴(C)カンテレ

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、25日に放送された。

 本作は、“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 食器ブランド「相楽製陶」の洋食器デザイナーの桜沢純(広瀬)は、高校時代からひそかに思いを寄せていたラクロス部の先輩で、今は同じ会社に勤める坂入拓人(古川雄大)に失恋する。

 酒を飲みたいと、フレンチビストロ「サリュー」に足を運んだ純は、ギャルソンの長峰柊磨(松村)に「泣いていいよ」と声を掛けられ、激しく泣きじゃくる。

 翌日、優しい言葉にほだされ、弱みを見せた自分が急に恥ずかしくなった純は、ランチのために同僚たちと訪れたサリューで柊磨の顔を見ることができなかった。

 その夜、友人のアリサ(飯豊まりえ)と響子(西野七瀬)を呼び出し、柊磨に抱き締められ、部屋に誘われたことを報告していると、高校時代のラクロス部の元チームメートで、“安心安全男子”と呼ばれる大津浩志(戸塚純貴)から電話が掛かってくる。

 純と大津は昔から気が合うことから初めての相手に最適なのではないかと、アリサたちに勧められた純は、ラクロス部の同窓会後、2人きりで飲み直そうと大津を誘う。

 放送終了後、SNS上には、「純ちゃんの思いや考えにめちゃくちゃ共感」「久しぶりに“ザ・ラブコメ”な作品で面白い」「飯豊まりえ×岡山天音の恋も動き出した。気になる」といった感想が寄せられた。

 また、柊磨について「かっこ良過ぎる」「キュンキュンした」「ささやきボイス、切ない表情、全て心に刺さって胸が苦しくなる」というコメントが集まる一方、「大津がいい人過ぎて、どう考えても大津を選ぶ」「大津、切ない」「大津ロスになった」といったコメントも多数投稿された。


芸能ニュースNEWS

「ブルーモーメント」 SDMに立ちはだかる謎の政治家が登場 「大丈夫。彼も海猿、分かってくれる」

ドラマ2024年6月13日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第8話が、12日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、 … 続きを読む

「さっちゃん、僕は。」平野紫耀の弟・莉玖の登場シーンが“最高” 「莉玖くんの演技が自然体」「学園LIFEがリアルでいい」

ドラマ2024年6月12日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我の“父”袴田吉彦が登場 「うわあ、クズ父だ」「渋谷くんの家庭環境が分かってつらかった」

ドラマ2024年6月12日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第11話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  渋谷くん(京本)が千夏(玉井詩織)を襲った男を殴り、逮捕される。人気俳優による暴行事件のニュースはあっという … 続きを読む

「366日」莉子と智也の“交際0日婚”カップルに胸キュン 「莉子が積極的でかわいい」「スピンオフが見たい」

ドラマ2024年6月11日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第10話が、10日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  “友達に戻る”。そう決めた雪平明日香(広瀬)と水野遥斗(眞栄田郷敦)。お互いに距離を取ったものの、友達に戻るためには時間が … 続きを読む

「95」最終回 “秋久”高橋海人ら5人のカラオケシーンが「最高」 「『95』の選曲センスに拍手」「超いい最終回」

ドラマ2024年6月11日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の最終話が、10日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top