「恋マジ」“大津”戸塚純貴に「いい人過ぎる」と反響 “柊磨”松村北斗に「キュンキュンする」の声も

2022年4月26日 / 06:19

(左から)広瀬アリス、戸塚純貴(C)カンテレ

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、25日に放送された。

 本作は、“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 食器ブランド「相楽製陶」の洋食器デザイナーの桜沢純(広瀬)は、高校時代からひそかに思いを寄せていたラクロス部の先輩で、今は同じ会社に勤める坂入拓人(古川雄大)に失恋する。

 酒を飲みたいと、フレンチビストロ「サリュー」に足を運んだ純は、ギャルソンの長峰柊磨(松村)に「泣いていいよ」と声を掛けられ、激しく泣きじゃくる。

 翌日、優しい言葉にほだされ、弱みを見せた自分が急に恥ずかしくなった純は、ランチのために同僚たちと訪れたサリューで柊磨の顔を見ることができなかった。

 その夜、友人のアリサ(飯豊まりえ)と響子(西野七瀬)を呼び出し、柊磨に抱き締められ、部屋に誘われたことを報告していると、高校時代のラクロス部の元チームメートで、“安心安全男子”と呼ばれる大津浩志(戸塚純貴)から電話が掛かってくる。

 純と大津は昔から気が合うことから初めての相手に最適なのではないかと、アリサたちに勧められた純は、ラクロス部の同窓会後、2人きりで飲み直そうと大津を誘う。

 放送終了後、SNS上には、「純ちゃんの思いや考えにめちゃくちゃ共感」「久しぶりに“ザ・ラブコメ”な作品で面白い」「飯豊まりえ×岡山天音の恋も動き出した。気になる」といった感想が寄せられた。

 また、柊磨について「かっこ良過ぎる」「キュンキュンした」「ささやきボイス、切ない表情、全て心に刺さって胸が苦しくなる」というコメントが集まる一方、「大津がいい人過ぎて、どう考えても大津を選ぶ」「大津、切ない」「大津ロスになった」といったコメントも多数投稿された。


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top