中井貴一、自ら企画した『大河への道』完成に「感無量」 原作者の立川志の輔に「死なばもろとも」と出演依頼

2022年3月2日 / 09:33

立川志の輔(左)と中井貴一 (C)エンタメOVO

 映画『大河への道』完成報告試写会が1日、東京都内で行われ、主演の中井貴一と原作者の立川志の輔が登壇した。

 本作は、志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画化。前途多難な大河ドラマ制作の実現を描く現代の喜劇と、200年前の日本地図完成に隠された感動秘話を描く時代ミステリーが交差し、二つの時代の登場人物を、中井、松山ケンイチ、北川景子らが一人二役で演じる。

 企画から本作に携わった中井は「この作品は、私が志の輔師匠に『何とか映画化させてくれないか』と無理を言ってお願いしたところからスタートしました。実はこれを言い始めたのは5年前。途中、コロナで撮影の延期などもありましたが、5年掛かってようやく皆さんにお見せできることになりました。感無量です」とあいさつした。

 一方、志の輔は、劇中で演技も披露している。「原作としてもらえるだけで十分うれしいのに、『ワンシーンぐらい出なきゃ』と言われ…。皆さん経験したことがないと思いますが、京都の撮影所で、中井さんと松山ケンイチさんに挟まれてものをしゃべるんです。私も落語家として40年やってきましたが、あの瞬間の緊張…ではないんです。何と言うんでしょう。浮いたような感じ。それもワンシーン、ワンカット(撮影)だったんです」と明かして笑わせた。

 中井は「志の輔さんは絶対できると思ったんです」としながら、「もともとこの企画をしたときに、他のプロデューサーに『俺は出ません』と言ったんですよ。キャスティングはやるけど、完全に裏方に徹するつもりだった。そうしたら、プロデューサーに『何を言ってるんですか。そんなの無理ですよ』と鼻で笑われて。それで出ることになったので、志の輔さんに話を持っていったときは“死なばもろとも”だった。『原作とか偉そうに言ってる場合じゃない、出ちゃいなさいよ』という状況だったんです」と裏話を明かした。

 映画は5月20日から公開。


芸能ニュースNEWS

「オールドルーキー」放送スタート「初回からハマった」の声 横浜流星のサプライズ出演に「歓喜し、夢中になった」

ドラマ2022年6月27日

 綾野剛が主演する日曜劇場「オールドルーキー」(TBS系)の第1話が、26日に放送された。  本作は、現役を引退した元サッカー日本代表が、セカンドキャリアへ一歩踏み出す姿を描いたヒューマンドラマ。(※以下、ネタバレあり)  元サッカー日本代 … 続きを読む

「しろめし修行僧」最終回を迎え“感謝の声”が多数 「見ている間、ずっと幸せだった」「テレ東さん、ありがとう」

ドラマ2022年6月27日

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)の最終話が、25日に放送された。  本作は、寺の息子・米田たくあん(岡部)が、托鉢(たくはつ)で全国行脚修行を行い、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描く。「白 … 続きを読む

ムロツヨシ「代表作ですって!」と上機嫌 主演作の評判をSNSなどでチェック

映画2022年6月25日

 映画『神は見返りを求める』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきのと吉田恵輔監督が登壇した。  本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里( … 続きを読む

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」の舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。  本作は、2021年の秋に上演した「劇団☆新感線」の同名舞台を映像化。平安時代の京の都で宮廷に陰陽師として仕えた安倍晴明の … 続きを読む

古川雄輝、3年ぶりの舞台出演に「懐かしさとワクワクと緊張感」 浜野謙太、演技のポイントは「うざくならないように」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 舞台「室温~夜の音楽~」開幕前取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の古川雄輝、平野綾、浜野謙太、演出の河原雅彦が登壇した。  本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛けたホラーコメディーを、河原が新演出版で上演 … 続きを読む

amazon

page top