「二月の勝者」開成を受験した“島津順”羽村仁成の決断に反響 「小学生の決断とは思えない」「塾への恩返しのせりふに号泣」

2021年12月20日 / 06:24

生徒たちの合否を見守る講師陣 (C)日本テレビ

 柳楽優弥が主演するドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」(日本テレビ系)の最終話が、18日に放送された。

 本作は、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)の姿を描く、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 新年を迎えた受験塾「桜花ゼミナール」。2月の受験本番まで残り1カ月となり、生徒たちは本命校の受験前に予行演習として「1月受験」をする。

 受験会場前では、講師の佐倉(井上真央)や桂(瀧内公美)に見送られ、生徒たちは緊張しながらも次々と会場に入っていった。

 そして、迎えた決戦の日。生徒たちは、それぞれの思いを胸に本命校の受験に挑む。

 合否発表では、偏差値57以上のΩ(オメガ)クラスの前田花恋(田中絆菜)が、念願の桜陰中学校に合格。共に励まし合ってきた直江樹里(野澤しおり)と柴田まるみ(玉野るな)コンビも、二葉女子学院中学校にそろって合格した。

 また、開成中学校を受験した島津順(羽村仁成)と上杉海斗(伊藤駿太)は、島津のみが合格。開成には届かなかった上杉も、東央中学校の合格を手にした。

 その後の祝賀会で、家庭の経済的な事情を抱えている島津は、開成を辞退し、都立中学への進学を決めたことを黒木に報告。

 島津が「いい受験だった。俺、超満足してる」と、やり切った気持ちを黒木に伝え、「開成の合格は、黒木先生や桜花の先生たち、皆へのプレゼントだと思ってよ」と話すと、黒木は「君は最高の男です。おめでとう」とたたえた。

 放送終了後、SNS上には、「開成に合格しても、金銭のことを考えて都立に進学する順に感動した」「島津くんがカッコ良かった。小学生の決断とは思えない」「島津順くんの塾に対する恩返しのせりふに号泣した。お母さん(遠藤久美子)と幸せになって」といった感想が投稿された。

 また、「リアリティーがある面白いドラマだった。受験は子どもも大人も悩んで成長するなあ」「合格発表に感動した。黒木先生が受験前日に震えながら、生徒のこと思っていて泣けた」「わがことのようにハラハラした。世の受験生が皆元気に実力を発揮できますように!」といった声が集まった。

 「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」はTVerで最終話、Huluで1話から最終話までの全話を独占配信中。

スーパー塾講師“黒木”を演じた柳楽優弥 (C)日本テレビ

 


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top