「恋です!」“ユキコ”杉咲花の決断に「涙腺崩壊した」 「大切な人“森生”杉野遥亮と一緒にいてほしかった」

2021年12月9日 / 13:03

“森生”杉野遥亮(左)と“ユキコ”杉咲花 (C)日本テレビ

 杉咲花が主演するドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)の第9話が、8日に放送された。

 本作は、弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、けんかっ早いけれど純粋なヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)の恋模様を描くラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 森生から「白つえを持った若者が駅のホームから転落した」という連絡を受けたユキコたちは、駅にいた同級生の青野(細田佳央太)の身を心配し、慌てて病院に駆け付ける。しかし、病院でベッドに寝かされていたのは、青野ではなく、なぜか森生だった。

 1週間後、ユキコのもとに、就職支援をしていた緋山(小関裕太)から「飲食関係の会社がユキコに興味を示している」という連絡が入る。

 一方の森生も、アルバイト先の店長・獅子王(鈴木伸之)を通じて、正社員登用のチャンスが訪れるが、赴任先が鹿児島だと分かり、森生は決断を迫られる。

 終盤では、緋山がユキコに「好きだ。今だったらユキコを幸せにできる」と告白。ユキコは「この先どうなったとしても、私は黒川が好きなんだ」と言い、緋山の告白を断るが、緋山がユキコを抱きしめる姿を森生が目撃してしまう。

 森生の人生を邪魔したくないと思うユキコと、自信を失くす森生の間に距離が生じる。その後、ユキコは森生を呼び出すと「私たち、別れよう」と告げ、その場を立ち去る。ユキコを追い掛ける森生を、ユキコは「来るな! もう黒川の顔を見たくない」と一喝し、2人は破局する。

 放送終了後、SNS上には、「別れの後に、ユキコが号泣するシーンは涙腺崩壊だった」「森生を鹿児島に行かせるために、強い気持ちで別れを決めたはずなのに涙するユキコ。芯の強さと互いを思いやる姿が泣けた」「森生を大事に思うユキコの気持ちも分かる。でも、仕事以上に人生で大切な人にはそうそう出会えないから、一緒にいてほしかったな」などの感想が投稿された。

 また、「かわいい2人にパワーをもらってきたから、来週が最終回なんて悲し過ぎ。続編と映画化を希望します」「濱田祐太郎さんの解説シーンが毎回楽しみ。なるほどと思わされつつも、『どっちか迷ったら笑ってください』と言うのでクスッと笑っている」という声も寄せられた。

“ユキコ”杉咲花と“緋山”小関裕太 (C)日本テレビ

 


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

Willfriends

page top