市川海老蔵「プペル」の歌舞伎舞台化を熱望「家族で感動した」 西野亮廣「人生を掛けて臨む仕事になる」

2021年11月22日 / 16:23

主人公のプペルを演じる市川海老蔵 (C)エンタメOVO

 2022年1月新橋演舞場 新作歌舞伎「プペル~天明の護美人間~」制作発表記者会見が22日、東京都内で行われ、市川海老蔵と西野亮廣が登場した。

 本作は、西野が原作を手掛けた絵本『えんとつ町のプペル』を歌舞伎舞台化。ゴミ人間・プペル(海老蔵)と、父が遺した言葉を信じるルビッチ(市川ぼたんと堀越勸玄のWキャスト/役名は寧々と玄)が、互いの友情を信じ、新たな世界に飛び出していく姿を描く。

 本作で西野と初タッグを組む海老蔵は「映画(版)を家族で見まして、子どもたちもすごく感動して、3回ぐらい映画館に足を運ぶうちに、これは歌舞伎になるんじゃないかなと思って。西野さんに連絡して、すぐに決まりました」と経緯を語った。

 西野は「海老蔵さんからお話を頂いて、これは大変な仕事になるな、人生を懸けて臨むお仕事になるなと思いました。面白いものになると思います。一生懸命頑張ります」と意気込みを語った。

 互いの印象を聞かれると、西野は「本当にカッコいい。もう好き。一緒にしゃべっていても、ずっとカッコいいですし、すてきだなと思います」と話した。

 一方、海老蔵は「歌舞伎というものは、その時代の最高の才能が集まって作っていた時代がありました。(西野は)私が生きている時代の中で、さまざまなことに関して、最も優れた力を持った人間の一人ではないのかと感じています」とコメントした。

 また、「(Wキャストで出演する)子どもたちに期待することは?」と聞かれた海老蔵は「今回は2人が同じ役をやる、ライバルですからね。いい刺激が入っていくこと、彼らがおのおのを見て成長していく姿が、親として興味深いなと思います」と答えた。

 舞台は、2022年1月3日から20日まで上演。

初タッグを組む市川海老蔵(左)と西野亮廣 (C)エンタメOVO


芸能ニュースNEWS

前田敦子、お酢好きの念願がかない「幸せ」 粉末酢の大量がけにマヂラブもびっくり

イベント2021年12月6日

 「タマノイ酢 コーポレートアンバサダー就任発表会」が6日、東京都内で行われ、女優の前田敦子、お笑いコンビ・マヂカルラブリー(村上、野田クリスタル)が登場した。  「タマノイ酢」のコーポレートアンバサダーに就任した前田は、宣伝部長の肩書が入 … 続きを読む

「真犯人フラグ」“不倫の証拠”DNA情報鑑定書に衝撃 「“瑞穂”芳根京子を襲ったのは“河村”田中哲司?」

ドラマ2021年12月6日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第8話が、5日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考察 … 続きを読む

「二月の勝者」“順”羽村仁成が「開成を受験したい」 「“父”金子貴俊と対峙するシーンがカッコ良くて震えた」

ドラマ2021年12月6日

 柳楽優弥が主演するドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系)の第8話が、4日に放送された。  本作は、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)の姿を描く、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。(※以下、ネタバレあり)  偏差 … 続きを読む

「日本沈没」“里城”石橋蓮司の人脈が移民交渉の鍵に 「希望の人は里城副総理」の声も

ドラマ2021年12月6日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第8話が、5日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を … 続きを読む

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」新作開幕 中尾暢樹「息遣いや体温をリアルに感じられるように」

舞台・ミュージカル2021年12月5日

 ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~うずまきナルト物語~初日会見&公開ゲネプロが4日、東京都内で行われ、出演者の中尾暢樹、佐藤流司、北園涼、玉城裕規が登壇した。  本作は、岸本斉史氏による漫画『NARUTO-ナルト-』が原作の … 続きを読む

amazon

page top