生田斗真「私情が入り過ぎてるよ!」 弟・竜聖アナと舞台あいさつで“共演”

2021年11月20日 / 07:30

主演の生田斗真 (C)エンタメOVO

 映画『土竜の唄 FINAL』初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、鈴木亮平、滝沢カレン、仲里依紗、堤真一と三池崇史監督、脚本の宮藤官九郎が登壇した。

 本作は、高橋のぼる氏の人気漫画『土竜の唄』を実写化したアクションコメディシリーズの完結編。落ちこぼれの警察官・菊川玲二(生田)が潜入捜査官“モグラ”として犯罪組織に潜り込み、ターゲットを挙げるために奮闘する様子を描く。

 約8年にわたって玲二を演じてきた生田は「Part1を作ったときはシリーズ化されるなんて全く思ってもみなかった。それがPart2、Part3まで製作でき、こうしてお客さんに見てもらえたことが夢のようにうれしいです」と語った。

 イベントの司会は生田の実弟・生田竜聖アナウンサーが担当。生田アナは「『土竜の唄』で裸の兄を初めて見たときは、弟ながら“このまま兄はどこに向かってしまうのか”と思いましたが、こうしてみんなに愛されている姿を見て、私もうれしく思います」としみじみ語った。

 すかさず生田が、「私情が入り過ぎてるよ!」と突っ込みを入れ、笑いを誘った。

 そんな生田アナは、本作にアナウンサー役として出演。「どうでした?」と弟から感想を問われた生田は「緊張し過ぎだよ。堅かった」と駄目出しをして会場を盛り上げた。

 また、映画のタイトルにちなみ、「これでFINALにしたいこと」をキャスト陣が発表した。生田は「白T(シロティー)」と書いたフリップを掲げ、「僕、白Tが大好きで、同じ白Tシャツを10枚以上持っている。プライベートのときは、そればっかり着ているけど、そろそろやめたいなって」と苦笑。

 「仲さんみたいにピンクを着たり、洋服でチャレンジしたい」と意気込む生田だったが、生田アナは「多分FINALにはならないですね」と兄の今後を予想した。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top