「真犯人フラグ」第2話 犯人予想の考察が過熱 「田中哲司と迫田孝也が演じる友人も怪しい」

2021年10月18日 / 12:46

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第2話が、17日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまった真面目なサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目=真犯人フラグを立てられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 凌介の元に「お探しのものです」と書かれたメッセージと少年の冷凍遺体が届いたことで、一気に警察が動き出す。マスコミの取材攻勢は激しくなり、凌介は犯人扱いされる。

 情報番組では、凌介の親友・日野(迫田孝也)のインタビューが流れる。凌介の家族仲が良かったなど好意的な話をするが、一部の発言だけが切り取られ、「家庭崩壊」「DV夫」「旦那サイコパス説」といった悪意ある憶測がインターネットで広まる。

 凌介が勤める会社には苦情電話が殺到。部下の瑞穂(芳根京子)は、凌介の妻・真帆(宮沢りえ)たちを探す手伝いをすると伝えるが、そんな2人を何者かが見詰めていた。

 また、警察によって真帆たちの最後の足取りが判明する。そんな中、凌介は住宅メーカーの林(深水元基)から、建設中の新居の工事現場に来てほしいと呼び出される。

 「新居に何かが埋まっている」という謎の電話を受けたという林。凌介が確認すると、コンクリートの中に娘の光莉(原菜乃華)が履いていたのとよく似たローファーが埋まっていた。

 放送終了後、SNS上には、「怖いけれど見てしまう。最後が衝撃だった」「西島さんはもちろん、芳根ちゃんの演技が良い」「生駒里奈ちゃんのシーンが怖かった」などの感想が寄せられた。

 また、謎を深めていく事件を考察する投稿が多く見られ、「田中(哲司)さんと迫田さんが演じる友人2人も怪しい。家族が失踪する晩に誘っていたわけだし」「子どもの遺体は、冷凍された5年前にサッカー10番のユニホームを着ていたはず。息子の篤斗(小林優仁)を10番にした監督が犯人か?」「優しい人が怪しい。林さんが一番怪しいんだよね」といった犯人予想が投稿された。


芸能ニュースNEWS

「季節のない街」「人の愚かさとおかしさと悲しさと優しさって全部切り離せない」「仲野太賀の演技は本当に心に残る」

ドラマ2024年4月13日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第二話「親おもい」が、12日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

石橋静河「頼もしい先輩方と一緒にこの作品に挑める」稲垣吾郎&内田有紀との共演が力に ドラマ10「燕は戻ってこない」出演者会見

ドラマ2024年4月12日

 4月12日、東京都内のNHKでドラマ10「燕は戻ってこない」のマスコミ向け試写会と出演者会見が行われ、出演者の石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀が出席した。  ドラマ10「燕は戻ってこない」は、「命は誰のものか」という重要なテーマを鮮烈なエンタ … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮に「オーラ抜群」と反響集まる  「いい年の取り方をしてる」「地上波に帰ってきてくれて泣いた」

ドラマ2024年4月12日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我にハマる視聴者多数  「沼に落ちかけてる」「愛さずにはいられないキャラ」

ドラマ2024年4月10日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹のお … 続きを読む

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也のラブシーンに「ドキドキ」 「奏と真樹は実は兄妹説」など早くも考察広がる

ドラマ2024年4月10日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第1話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代の … 続きを読む

Willfriends

page top